涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯の鴨うどん!

ちょっと前に引いていた風邪も、咳も収まり完全に回復はしているのですが、しばらく食事が摂れなかったぶん、すっかりと胃が縮小してしまいました。

そんな日のお昼時……を過ぎても一向にお腹は空いてきません。こんなときは、軽くうどんあたりを食べるのが良いかと、蔵前橋通り沿いの『なか卯』あたりまで出てみることにしました。チェーン店のうどんの中では、『なか卯』はかなりレベルが高いほうかと思います。

f:id:yokobentaro:20160218125537j:plain

で、とりあえず店の前でメニューを物色、すると『鴨そば』の告知の入ったのぼり旗が三本ほど立てかけられているのを発見。でも、もう頭の中では「うどんで昼食」というイメージが出来上がってしまっています。「そば」があれば「うどん」もきっとメニューにありますよね……。

f:id:yokobentaro:20160218125551j:plain

さっそく店内に入って券売機を見てみましょう。すると、『鴨うどん』もちゃんと存在していました。並で五百五十円ですね、ではこのメニューで決めましょう。

席に着いてから五分近くの待ち時間で、もう『鴨うどん』が配膳されてきました!

f:id:yokobentaro:20160218125617j:plain

柚子のいい香りがほんのり漂ってきて、とても美味しそうですね。うどんの上には合鴨肉数枚に鶏団子が二個、油揚げに刻んだ柚子の皮・青葱がトッピングされています。

f:id:yokobentaro:20160218125635j:plain

これに、タップリの一味唐辛子を振りかけましょう。それでは、さっそくいただきましょうか……うどんはツルツルモッチリで、やっぱり『なか卯』のうどんは美味ですね。

合鴨のお肉も脂ののりが良く、噛むと鴨独特の旨味が口の中いっぱいに広がります。それに、そこそこの量が使われていますので、充分に鴨の美味さが堪能できるのも嬉しいですね。お汁は味付けが少し濃いめ、関東風よりは塩っぱさが抑えられていて、すべて飲み干せてしまいそうなお汁です。

鶏団子はキメが細かく、食感もとてもいいですね。こちらもしっかりと鶏肉の美味さが堪能できます。それに、油揚げがお出汁を吸ってモッチリ食感になっています。本来油揚げはあまり好きではないのですが、これは美味しいと心底思いました(笑)。

……数分後には美味しく完食、かなりの満腹感になりましたが、当面はこれぐらいの食事の分量で充分かと痛感した次第です。しばらくはこの店舗に通いそうですね!

f:id:yokobentaro:20160218125701j:plain

●昨日歩いた歩数……一万三千三百五十七歩。昨日は浅草近辺を散策しておりました!