涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴のチャーシュー炒飯!

f:id:yokobentaro:20160106161414j:plain

つい昨日も『中国飯店 楽宴』の『油林鶏』定食をアップしたばかりなのですが、ここでこのお店の「定番の定食」以外のお話も少々……。

f:id:yokobentaro:20160106161450j:plain

お昼時に『中国飯店 楽宴』の前を通ると、このように「ランチ定食」の看板が店頭に立っておりますが、八種類の写真入りメニュー以外にも、週替わりのA・B二種類の定食が手書きされています。

f:id:yokobentaro:20160106161525j:plain

この週は「A:生姜焼き 六百円」「B:チャーシュー炒飯 六百八十円」とあり、どちらも定番の定食と同じぐらいの設定価格です。そういえば、以前かなり黒い『豚角煮チャーハン』を食べましたが、『チャーシュー炒飯』とはどんな感じなのでしょうね。気になるので、ちょっと食べてみましょうか。

f:id:yokobentaro:20160106161550j:plain

さっそくお店に入って注文、五分ほどで配膳されたセットが上の写真になります。炒飯のこの大盛り、さすがです(汗)。で、いつものように若布と玉子の中華スープ・搾菜、デザートには杏仁豆腐も付いてますね。さすがに炒飯には白飯は付いておりません(笑)。

f:id:yokobentaro:20160106161633j:plain

『チャーシュー炒飯』のアップを撮ろうと接写したのですが、なんせ出来たての熱々、レンズが湯気で曇ってしまいました……。では、熱いうちにさっそくいただいてみましょう。

……ご飯はシットリした食感ながらもパラパラに仕上がっており、卵のまったりとした旨味がよく搦んでいます。レタスも生っぽくはなく、ほどよく火が通っている感じですが、シャキシャキした食感が残っていますね。粗くカットされたチャーシューの味付けは濃いめ、歯応えがあり噛めば噛むほど肉の旨味が楽しめます。

お米だけで食べていると、ちょっと薄味かと思いますが、すべての具材をいっしょに味わうことによって、ちょうどよいバランスの味わいが堪能できます。とても美味しかったので、炒飯ばかりに手がいってしまい、気がつけば食べきってしまっておりました(大汗)。

f:id:yokobentaro:20160106161657j:plain

そのあとに、中華スープ・搾菜も美味しくいただきました。スープは玉子の優しい味とほどよい旨味……もう説明は不要ですね。胡麻油の効いた搾菜も、ほどよく塩抜きされていて……こちらもしつこくなるのでこの辺で(笑)。

ただ、炒飯もスープもけっこう熱かったので、〆のヒンヤリした杏仁豆腐は、また格別でした。本日もとても満足&満腹! それでも、ここのお昼の定食は「ランチ麺類」もありますので、定番メニューを制覇できる日は、まだまだ先になりそうです。

f:id:yokobentaro:20160106161717j:plain

では、最後になりましたが、いつものようにこのお店のアクセスを貼っておきますね。住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です!

f:id:yokobentaro:20160106161738j:plain

●昨日歩いた歩数……一万七百三十一歩。なんとか前日と同じぐらいの歩数は歩きましたが、年末からかなり伸び悩んでいます……。

 

yokobentaro.hatenablog.com