涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草ROX前 福しんのB定食(手もみラーメン+半チャーハン)!

浅草国際通り沿いにある「浅草ROX」のすぐそばに、前から気になっているラーメンチェーン店があるのですが、浅草という土地柄のせいか、中を覗くとご年配のお客さんが多いように思えます。

f:id:yokobentaro:20151211175355j:plain

そのお店は、『福しん』というラーメンチェーン店の「浅草ROX前店」で住所は台東区浅草一丁目二十四番地九号。このお店の少し先には新仲見世の入口があります。

f:id:yokobentaro:20151211175420j:plain

いつもお昼を過ぎても混み合っていて、何となく入りづらいく、ここで食事をしたことはありません。でも、夕方に前を通りましたらめずらしく空いていました。せっかくなので、ちょっと寄り道してみましょうか。

f:id:yokobentaro:20151211175445j:plain

店頭のガラスケースの中には、ずいぶんとお安めの値段のついたサンプルが並んでいます。『手もみラーメン』が三百九十円、『日高屋』並にお安いですね。その中で、特に気になったサンプルは『B定食』六百三十円、このお店の定番メニューのようです。

では、さっそく店内に入ってみましょうか。ロの字型のカウンター席は十数席、左側にはテーブル席が三卓あります。カウンター席に腰かけ『B定食』を注文……すると、五分とかからずにこちらが配膳されてきました!

f:id:yokobentaro:20151211175742j:plain

『B定食』は『手もみラーメン』+『半チャーハン』のセットメニューですね。

f:id:yokobentaro:20151211175845j:plain

ラーメンはとても澄んだ醤油味のスープ、表面には油が浮き、丸く成形された豚バラ叉焼に焼き海苔・メンマ・貝割れ大根・刻み葱と、いたってシンプルなトッピングです。

f:id:yokobentaro:20151211175859j:plain

半チャーハンもシンプルで、具は卵と細かく刻んだ叉焼・葱がいっしょに炒められて黄色く仕上がっています。これはご飯茶碗に盛られ、充分に一膳分の量はありそうですね。

f:id:yokobentaro:20151211175915j:plain

さらに、白菜・胡瓜・人参のお漬物が添えられているのも嬉しくなります。

では、まずはラーメンから……なんか、懐かしの東京ラーメンって味がします(笑)。麺は中細で緩いウェーブのかかった黄色い中華麺、モチッとした茹で具合でなかなか美味。貝割れ大根と刻み葱の香味もとてもこのシンプルなスープに合っています。昭和四十年代によく食べた、食堂のラーメンという感じですね。

そして半チャーハンは、具材の本来の味を堪能できる薄めの味付け……って、すみません、濃い味好みの僕には、ちょっと薄すぎかも(汗)。チャーハンの仕上がりは、パラパラではなくモッチリとした感じで、なかなか食べ応えはありますね。これをラーメンと合わせて食べていくと、かなり満腹になりますよー!

熱々のスープに苦戦しながらも、十五分ほどで完食する頃には、かなりお腹が苦しくなりました。これはガッツリと食事をしたい人には打ってつけのお店ですね。

ところで、『B定食』があるということは、当然『A定食』もあるのでしょうね。次回来店したときに確認したいと思います(笑)!!!

●昨日歩いた歩数……一万六百六十七歩。ほとんどまた歩いていまぜんね(汗)。