涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯の天然いくら丼!

先週の木曜日、この日もちょっと出遅れ気味の昼食、腕時計は午後の四時を指しておりました。

晩ご飯の時間も近いので、あまりヘビーな量の食事は避けたいところですね。食事の時間も手短に……ということで、蔵前橋通り沿いの『なか卯』あたりで軽い食事を摂ることにしましょうか。

f:id:yokobentaro:20151205180544j:plain

とりあえず、毎回登場する地図も、念のため貼っておきますね……。

f:id:yokobentaro:20151205180653j:plain

牛丼とかのメニューは、晩ご飯前には少々重いし……で、店頭のメニュー表を確認すると、ちょうどよさそうなメニューがありますね。『天然いくら丼』、並で七百九十円はなかなかのお値打ち。では、こちらに決めましょうか。

f:id:yokobentaro:20151205180759j:plain

さっそく店内の券売機で食券を購入、カウンター席にもこんなシールが貼られています。『天然いくら丼』と並んで『あったか鍋膳』など、冬限定商品もあります。これも美味しそうですので、次回の候補にしておきましょうかね。

f:id:yokobentaro:20151205180919j:plain

そして、待つこと数分で『天然いくら丼』が配膳されてきました!

f:id:yokobentaro:20151205180933j:plain

最近は必ずといっていいほどサービス券が付いてきますね。でも、ついつい貰ったのを忘れて期限を切らせてしまいます……次回はちゃんと使わねば!!!

このメニューには、刻み海苔と練りワサビ、甘口の醤油が添えられています。

f:id:yokobentaro:20151205181051j:plain

そしてこのいくら丼、中心にそこそこの量のいくらが盛り付けられ、その周りには錦糸卵が散らされています。さらには刻み葱もたっぷり目、なかなか美味しそうですね。

f:id:yokobentaro:20151205181104j:plain

それでは、さっそく刻み海苔・練りワサビをトッピング、さらに甘口の醤油を廻しかけていただきましょう。……いくらの塩気、ちょうどいい塩っぱさですね。最近のいくらはちょっと甘口過ぎな気がしますので、これぐらい塩気が効いていたほうがご飯に合うかと思います。その塩気に対比した、ちょっと甘めの錦糸卵の味も絶妙、ご飯が進みますね。添えられた刻み葱の香味とともにいただくもよし、このメニューはなかなか飽きがこなくて最後まで美味しくいただけます。

なか卯』の『天然いくら丼』、ちょっと牛丼チェーン店では珍しいメニューと思いましたが、気軽にいくら丼が楽しめるのは嬉しいですね!!!

ちなみに、その晩の食事は、こんな感じでした(笑)。

f:id:yokobentaro:20151205181122j:plain

f:id:yokobentaro:20151205181229j:plain

先日の黒チャーハンで大活躍した市販の豚角煮の残りにクリームシチュー、どちらかといえばお肉中心でしたので、『なか卯』での食事と食材が被らないで済みましたー!!!

●昨日歩いた歩数……一万三千九百七十五歩。休日のわりにはちょっと伸び悩みました。