涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区蔵前 横浜家系ラーメン 壱角家の博多ラーメン!

横浜家系ラーメンのチェーン店『壱角家』、本当に都内ではよく見かけるようになりました。都営浅草線の蔵前駅の入口付近にもありまして、そこが僕の仕事場の最寄り。下の写真がその店舗になります。住所は台東区蔵前三丁目十二番地十号、江戸通り沿いにある赤が基調のお店で、かなり目立ちます(笑)。

f:id:yokobentaro:20151122154606j:plain

とある日の夕方、たまたまその前を通りましたので、久しぶりに『家系ラーメン』でも食べていきましょうか。最近、ちょっとカレーが続きすぎましたので……。

f:id:yokobentaro:20151122154620j:plain

さっそく店外に掲げられたメニューを確認すると、何と『博多ラーメン』がありました。お値段は七百円と一般的、しかし横浜家系で『博多ラーメン』……ちょっと気になりますね。

f:id:yokobentaro:20151122154632j:plain

さっそくその左脇にある券売機で食券を購入することにしました。タッチパネルなのですが、ここの券売機の表示は比較的シンプルなので、珍しく手こずりませんでした(汗)。

f:id:yokobentaro:20151122154700j:plain

店内に入り、店員さんに食券を手渡します。その際麺の硬さの好みを聞かれましたが、普通の硬さでオーダー。出来上がるまで周りをキョロキョロ見回していましたら、「OPEN~24:00ライス無料 お替りも無料! 食べ放題!」と貼紙がしてあります。ご飯を貰いにいこうかどうしようか、悩みますね……。

f:id:yokobentaro:20151122154712j:plain

そして、カウンター上には以前からあったニンニク、生姜と並んで辛子高菜が増えています……などと観察をしていますと、五分ほどでコチラが供されました!!!

f:id:yokobentaro:20151122154723j:plain

すると店員さん曰く「替玉一つ無料ですので」とのこと、ご飯を持ってこなくて良かったです。さすがに替玉とご飯はキツいですからね(汗)!!!

乳白色のスープに極細の麺、トッピングには丸く成形された叉焼にメンマ、刻み葱に焼き海苔が一枚添えられています。そこへさらにタップリの辛子高菜とすりゴマを乗せて、いただきます~!!!!!

f:id:yokobentaro:20151122154825j:plain

……スープは豚骨独特の臭みは少なく、豚骨で作ったクリームスープのようにまろやか。旨味、塩気、甘みのバランスがとてもいい感じで美味しいですね。麺もほどよい茹で加減でちょっと硬め、プツプツとした歯ごたえの食感です。家系なのに博多ラーメンが美味いとは、ちょっと驚きました。叉焼の柔らかさ加減もとても美味しく、数分後には麺を食べ尽くしたので替玉を……。

f:id:yokobentaro:20151122154839j:plain

注文して二分足らずで別の器にて供されました。ちょこっと刻み葱がトッピングされているのも嬉しいですね。しっかりとスープに馴染ませ……。ゆっくりと味わって食べていたつもりですが、こちらも五分とかからず完食。残りのスープを名残惜しみながら飲み干しました(笑)。

この次に来店の際「家系ラーメンだとちょっと重いかな?」と思ったら、「横浜」から「博多」に進路変更するのも良いかな、などと思いました(笑)。

これは先週の木曜日のお話ですが、こちらがその晩の東京スカイツリーのライティングになります。どうもクリスマスバージョンとは違うようですね。

f:id:yokobentaro:20151122154855j:plain

下の部分がキレイな赤紫に光っていたと思いきや、その内部に幾つもの光の珠ががキラキラと輝き出しました。土曜日には、さらに変わった色のライティングになっていましたので、その様子は近日アップいたしますね!!!

●昨日歩いた歩数……一万五百六十一歩。あれれ、気がつけばあまり歩いていませんでしたね(汗)。今日は連休の最終日、ちょっと気合いれましょうか!