涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋 Curry Dining BONZOのチキンカツカレー!

昨日の晩は、駒形橋を渡ってアパートに戻ったのですが、ふと東京スカイツリーの方角に目をやると、ライティングの様子が少し変わっておりました。

f:id:yokobentaro:20151116092208j:plain

トリコロールカラーのようです。おそらく、フランスの自爆テロ事件を受けてのライティングにしているのですね。事件に巻き込まれた方々のご冥福を、心からお祈りいたします。

f:id:yokobentaro:20151116092513j:plain

お話は変わりますが、ちょっと時間を外し過ぎた日の昼食のお話になります。

先週の月曜日のことですが、気がつけばもうとっくに午後三時を回っておりました。

そこで、日頃の歩行不足を補うことも含めて、浅草橋方面へ出かけることにしました。蔵前橋通りを越え、少し歩いたところで本日の昼食を摂ることにしましょう。

f:id:yokobentaro:20151113112401j:plain

らあめん花月嵐』に入ると見せかけて……その地下にある『Curry Dining BONZO』で、カレーの昼食を摂りましょうか。住所は台東区柳橋二丁目十四番地四号、セントラルビルの地下一階になります。

f:id:yokobentaro:20151113112535j:plain

さっそく、表に出ている写真付きのメニューをチェック。十四種類のカレーの写真が貼られています。その中にカツカレーは三種類ありますが、『チキンカツカレー』のお値段がなんと七百五十円。さらに、セットでコーヒーかオレンジジュースかウーロン茶が付きます。値段に惹かれ、今回はこのカレーを注文することにしました。

f:id:yokobentaro:20151113112558j:plain

地下まで下りきると、「ビートルズ」メンバーのイラストが出迎えてくれます。店内に入ると、壁面には「レッド・ツェッペリン」のアルバムジャケットが数枚飾られていたり、有名なプログレッシヴ・ロックのギタリストの写真が貼られていますね。で、さすがに時間も時間なのでお客は僕ひとり。マスターに注文を伝えてしばし待ちましょう。

f:id:yokobentaro:20151113112614j:plain

すると、すぐにサラダが供されました。ドレッシングには胡麻油も使われていて、野菜の下にはパスタが敷かれています。ドレッシングでさっぱり味のパスタ、これはなかなかいけますよ。

f:id:yokobentaro:20151113112627j:plain

そして、数分後に配膳されたのがコチラ、分厚いお肉の『チキンカツカレー』!!!

f:id:yokobentaro:20151113112647j:plain

これに卓上のウスターソース福神漬けをトッピングして、いただきます!

f:id:yokobentaro:20151113112713j:plain

カレーの味は、何となく懐かしさを感じる日本のカレーといった印象、ちょっと濃い味でとても美味しいですね。具材はすべて溶けてペースト状になったトロ味の強いカレールーがタップリ、これならカツにソースは必要なかったかもしれません。

そのチキンカツは、オーダーが入ってから調理しますので、カラリと揚がっていて熱々です。脂の少ない部位を使っているようで、さっぱりと食べられてとてもヘルシーな印象。ボリュームもかなりありますので、ご飯と合わせて食べていくと、またご飯が足りなく感じました……。

大満足の一杯、さらにはトッピングメニューもあり、ウインナー・チーズ・温泉玉子がそれぞれ五十円、唐揚げが八十円、オムレツが百二十円、エビフライが百五十円、ひれかつが百八十円とリーズナブル、さあ次回はどのメニューを試してみましょうか。

f:id:yokobentaro:20151113112736j:plain

食後のアイスコーヒーをいただいて、お勘定を済まそうとレジへ……。ここで、ついついマスターとプログレッシヴ・ロックの話を延々としてしまいました。そこで判明したのですが、この『BONZO』という店名、「レッド・ツェッペリン」のドラマー、ジョン・ボーナムのニックネームだったのですね!

僕はてっきり、お坊さんのほうの「ボンゾ」かと勘違いしておりました(汗)……。

●昨日歩いた歩数……一万二千六百四十九歩。思ったよりも、外出できませんでした!

 

yokobentaro.hatenablog.com