涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草田原町交差点近く 花家の焼きそばといなり寿司!

この仕事場、国際通りと浅草通りが交差する、田原町交差点のすぐ近くありますが、ちょっと外出してこの交差点に差しかかると、ソースの焼けるいい香りが嗅覚を刺激してきます。

f:id:yokobentaro:20151109193022j:plain

この日、時はすでに午後二時を回っていたのですが、この香りで昼食を食べ忘れていたことを思い出しました。で、この香りの誘惑に簡単に負けて入ったお店、屋号は『花家』といいます。ちょうど一年ぐらい前に、ここの『焼きそば大盛り』のお話をアップしましたので、かなり久しぶりの来店になります。

f:id:yokobentaro:20151109193108j:plain

外見はこんな感じです。入口脇の大きなガラス張りの内側では、店主が忙しなく『焼きそば』を焼いていますね。このお店は四十年以上も昔から営業していたと思いますが店舗はほとんど変わったという印象はありません。本日は『焼きそば大盛り』に加え『いなり寿司』を追加いたしました(嬉)。

f:id:yokobentaro:20151109193141j:plain

『焼きそば』は普通盛りが三百五十円ですが、プラス百円で大盛りになります。『いなり寿司』は一個七十円、お勘定は〆て五百九十円でした。『焼きそば』の大盛り、山の高さがいいですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20151109193236j:plain

が、しかし……食べようと箸で手繰るも、麺が皿から溢れてしまいますね。麺は細目で、キャベツとモヤシがいっしょに炒められていて、青のりが振りかけられています。ちなみにお肉は入っていません。そしてそのお味は……その昔、デパートの屋上や近所の食堂などで味わった焼きそばのイメージです(汗)。麺は柔らかめ、味付けはかなり薄味ですので、テーブルの上に常備されているソースを二~三回しがけしてから食べました。僕的には濃い味付けが好みですので、みなさんはそれぞれ味見をしてから使うようにしてくださいね(笑)。

f:id:yokobentaro:20151109193424j:plain

そして『いなり寿司』はちょっとお米と油揚げが硬めです。まっ、昔食べていたものはこんな感じでしたかね、甘さはほどよい加減です。ひとつの大きさはそこそこ分量がありますので、小腹が空いたときにふたつほどお持ち帰りで買って、仕事場に戻るのもよいかもしれませんね。お値段も安いし……。

ふと、店の奥のほうが賑やかなのに気づき、その方向に目を向けてみると、男女三人の欧米からの観光客が、焼きそば片手に女将と盛り上がっていました。う~ん、瓶ビールを飲みながら焼きそばですか。日本の焼きそば、美味しく感じているのでしょうかね? いずれにせよ、ちょっと羨ましく思えます……。

では、見ていると飲みたくなって目の毒ですので、そそくさと食事を済ませたら仕事場に戻りましょうか(汗)。この『花家』、昭和四十年代の雰囲気を実体験するにはよいお店かもしれませんね。

そういえば、ちょっと前にコメント欄で、東京スカイツリーのクリスマスバージョンのライティングの話題が出ましたが、何故か一昨日そのバージョンに光っていました。その写真がこちらです。

f:id:yokobentaro:20151112162334j:plain

アンテナ部分が切れてしまったのでもう一枚パチリッ!

f:id:yokobentaro:20151112162352j:plain

今度はブレてしまいました……。

●昨日歩いた歩数……一万四百七十四歩。前日よりも減ってしまいました(汗)!!!