涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

お土産でいただいた新宿中村屋のレトルトチキンカレー!

母親の出身高校は長野県の松本市にあります。その高校時代の同窓会は年に二回、地元松本市と、ここ東京で開かれている模様です。

その理由としては、地元松本に残っているクラスメイトは約半数、残りの半数は東京近辺に出てきて生活基盤を築いたとのこと。その東京組の同窓会が、先週の火曜日に『新宿中村屋』で開催されたようです。

f:id:yokobentaro:20151101173555j:plain

そして、そのお土産で持たされたのが、この『チキンカレー』でした。他には『ビーフカレー』も貰ったようですが、それは母親が美味しくいただきました(笑)。

f:id:yokobentaro:20151101173712j:plain

その、ご相伴にあずかった『チキンカレー』、ご飯の上に直接盛りつけました。外箱のような、オシャレな器はありませんもので……。福神漬けの代わりに、母親の友人が手づくりされたという奈良漬けを添えて、いただきます!

f:id:yokobentaro:20151101173741j:plain

……このカレー、ふんだんに鶏肉が使用されていますね。「国産骨付きチキン」のサブコピーが外箱にありますが、骨付きのお肉がひとつゴロリと入っております。こちらもホロホロに煮込まれていて、スプーンで簡単に骨から外れます。

ちょっと行儀が悪いと言われそうですが、骨をしゃぶって、お肉をキレイに食べようと思ったところ……骨も口の中でホロホロ崩れる!

太い部分も、簡単に歯で砕けますね(笑)。ふだん『ケンタッキーフライドチキン』を買ってきても、僕の場合細い骨はすべて食べ尽くしてしまいますもので。でも、みなさんは危ないので真似なさらないでくださいね(汗)。

で、カレーのお味は……ココナッツとローリエの葉の風味が感じ取れます。鶏肉と若干量のジャガイモ以外は煮溶かされていて、全体の雰囲気は昔ながらの黄色いカレーといったイメージ、創業以来の歴史を感じますね。旨味と塩気のバランスがとてもよく、スパイスもほどよく効いていてとても美味です。こちら、実際に『新宿中村屋』の本店で食べたら、きっとさらに美味しいのでしょうね。ぜひ近いうちに行ってみたいと思いました。

f:id:yokobentaro:20151101173755j:plain

食後のデザートは、松本の親類から、毎年たくさん送られてくる柿でしたー!!! 柿って、甘さも控え目で腹保ちもいいので、デザートというよりはおかずっぽいですよね。

ちなみに、僕は少量のお塩を振りかけて食べていますが、ちょっと邪道ですかね……。

お話は変わりますが、ライトアップされた東京スカイツリーって、とても綺麗ですよね!

f:id:yokobentaro:20151101173842j:plain

ところが、午後十一時の消灯時間を迎えると、こんな感じになります。

f:id:yokobentaro:20151101173917j:plain

間近で見ると、何故かちょっと恐いものを感じますね(汗)……。

●昨日歩いた歩数……一万千二百十三歩。休日でしたが、さほど外出はしませんでした。