涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

らあめん花月嵐 THEワンタンメンで昭和を堪能しました!

今週の火曜日、三連休の休み明け早々に、印刷入校用のデータ納品がありました。

無事に納品を済ませ、浅草橋まで戻るとすでに午後一時を回っております。そろそろ飲食店も空いてくる頃、食事を摂ってから戻りましょうか。

f:id:yokobentaro:20151017145127j:plain

ちょうど『らあめん花月嵐』の前を通過しましたところ、店舗前ののぼり旗四本の告知がまたまた変わっておりました。内容を確認したところ『THE中華そば』『THEワンタンメン』と書いてありますね。

f:id:yokobentaro:20151017145146j:plain

さらに店舗前にも大きく告知がされておりました。キャッチコピーは「100年後の後世にも残したい日本が誇るラーメン遺産!!!」だそうです。これはもう食べてみるしかありません!

f:id:yokobentaro:20151017145207j:plain

さっそく入店、券売機の前で『THE中華そば』七百円と『THEワンタンメン』八百二十円、さあ迷います。プラス百二十円でワンタン入りになるのでしたら、やっぱり『THEワンタンメン』のほうを選んでしまいますね。では、こちらに決めましょう。

さっそく食券を渡し、カウンターに腰かけます。いつものように卓上の『激辛壺ニラ』の残量を確認、タップリ入っておりました。

f:id:yokobentaro:20151017145220j:plain

しばらく待ちましょう。この日は午後一時を過ぎてもお客さんがけっこう入っておりましたもので……そして、十五分ほどでコチラが運ばれてまいりました!

f:id:yokobentaro:20151017145355j:plain

『THEワンタンメン』、いい意味で昭和っぽい見た目ですね。昔、旅先の食堂でよく食べた記憶が甦るラーメン。細い縮れた中華麺に、トッピングは定番の刻み葱・メンマ・ナルト・焼海苔・ホウレン草に加え、三角形にカットされた薄焼きの玉子焼きに、丸く成型された大ぶりな叉焼。メインのワンタンは四つ入りでした。スープは東京ラーメンのような醤油色の澄んだスープ、もう鶏ガラの風味が堪りません!!!

f:id:yokobentaro:20151017145413j:plain

それでは、さっそくスープから……ちょっと甘めの醤油味で、塩分は見た目の色味よりまろやかです。鶏ガラの出汁が濃厚ですが、アッサリとしていて、細い中華麺よく搦みます。本当に昭和の時代を感じさせる懐かしい味が再現されていますね。ワンタンはツルツルの食感で、中の豚挽肉は餃子の餡のような味付けでこれも美味。玉子焼きの味もいいですね(笑)。夢中で半分ほど食べ進んで、ふと思い出しました……『激辛壺ニラ』を入れ忘れていたことを(汗)。

さっそく大量投入! 辛さとニラの風味が足されて、さらに食欲が湧き上がり一気に完食!!!

らあめん花月嵐』。このお店の期間限定ラーメンは、本当にバリエーション豊かで楽しいですね。これからも店舗前ののぼり旗からは目が離せません(笑)!

●昨日歩いた歩数……一万六十歩。また仕事場に篭りっぱなしでした。

さあ、今日中に仕事を上げてしまわないと…。