涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区駒形 中国飯店 楽宴の黒酢豚定食!

先週の木曜日は夕方から酷い悪天候になるという予報でした。ですので、あまり遅めにならないようにと午後一時過ぎに食事に出かけたのですが、すでに雨が降り出しております……。

とりあえず、この日は近場で昼食を済ませることにしますか。で、『駒形どぜう』『バンダイ本社』方面に歩を進めていくと、以前『回鍋肉』のランチ定食を堪能した中華屋さんが目に入ったので、こちらに決めましょう。

f:id:yokobentaro:20151003172202j:plain

屋号は『中国飯店 楽宴』。住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。いちおう、地図も載せておきますね。

f:id:yokobentaro:20151003172234j:plain

さて、それでは玄関脇に設置されたメニュー看板を見ると……『黒酢豚』が六百円とは嬉しい価格ですね。これも好物のひとつですので、本日はこちらを食べることにしましょうか。

f:id:yokobentaro:20151003172251j:plain

店内に入ってみると、午後一時を回ったにもかかわらず、お客さんがけっこういます。前回初めて入店して、とても美味しくてお値段も安かったので、人気店にはなりますよね。

あらためてメニュー表をチェックしましたが、やっぱり『黒酢豚』が食べたい! 次回は『豚角煮チャーハン』かな……。

f:id:yokobentaro:20151003172317j:plain

注文してから、定食が配膳されるまでは僅か五分ほど。運ばれてきたのがコチラ!

f:id:yokobentaro:20151003172342j:plain

この定食のセットには、若布と玉子の中華スープ・搾菜・お替わり自由の白飯、デザートには杏仁豆腐も付いています。この内容で六百円とは毎度ビックリします(笑)。

f:id:yokobentaro:20151003172401j:plain

黒酢の酢豚、美味しそうですね。この全体の照りが食欲をそそります。強めに感じるお酢の香りも身体に良さそうで、とっても具だくさん。たっぷりの揚げ豚肉がゴロゴロ、人参・玉葱・ピーマン・筍も負けず劣らず多めに使われております。

それは、まず豚肉から……脂身とお肉のバランスもよく、食感がしっかりしていますね。このお肉に、適度なトロ味の黒酢餡がしっかり搦んでとても美味。この甘酸っぱい味付けの黒酢餡って、何となく後味が黒蜜に似ていますね。野菜類もしっかりとした歯ごたえ、人参の甘さに玉葱の辛味とピーマンのほろ苦さ、特に筍のサックリとした食感が堪りません。これではご飯が一気に進んでしまいます(汗)。結局、ご飯は五分もかからずに食べきり、お替わりを貰いましたー(笑)。

f:id:yokobentaro:20151003172421j:plain

待っている間は、中華スープを口にしておりました。玉子の優しい味とほどよい旨味で、濃いめの味付けに慣れた味覚を、いったん戻しましょう。

そしてお替わり到着後は、このご飯を食べるペースと酢豚の残量をバランスよく配分して皿を平らげました。さすがにもう一杯お替わりするのか気が引けましたもので……。

f:id:yokobentaro:20151003172517j:plain

ラストは杏仁豆腐のまったりしたコクと爽やかな甘み、黄色い果物は黄桃缶詰です。これを堪能してお店をあとにしました……が、帰り道、時間を追うごとにお腹がどんどんキツくなっていきます。このとき、三杯目のご飯をガマンして正解だったと痛感いたしました(大汗)!

●昨日歩いた歩数……一万五千百二十九歩。原稿の赤字を引き取りに水道橋まで出かけたので、そこそこ歩けました。今日はその修正で、ほとんど篭りっきりになります。