涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

文京区本郷二丁目 助六の助六麺大盛り!

助六」って聞くと、何となく『助六寿司』を連想しますよね。でも、今日ご紹介する『大横町通り 助六』はすっごく美味しいラーメンを提供するお店です(笑)!

お話は少し遡りますが、先日の月曜日、お仕事のスケジュール確認もありましたので、食事がてらフネさんと打ち合わせをすることになりました。いつものようにJR総武線の水道橋駅東口で待ち合わせ、合流後にフネさんからこのようなお言葉が……。

「ここから本郷方面に向かうと、美味しいラーメン屋さんがあるらしいですよ!」

そんな話をされたら、もう食べてみるしかありませんね。では、さっそく向かってみましょう。

f:id:yokobentaro:20150930135819j:plain

その『大横町通り 助六』、住所は文京区本郷二丁目十八番地十号。「白山通り」から「壱岐坂通り」を上がり、『東洋学園大学』左の「大横丁通り」という一方通行の通り沿いにあります。

f:id:yokobentaro:20150930135843j:plain

さっそく店内に入り、カウンター席に腰かけます。えっと……メニューは……。ここで本来なら基本の『らー麺』を選ぶところですが、フネさんからの情報で『助六麺(辛味噌のせ)』七百円がとても美味しいらしいとのこと。二人ともこちらをオーダー、僕はサービスの麺大盛りをお願いしました。同じお値段で大盛りのサービスはありがたいですね。

f:id:yokobentaro:20150930135857j:plain

そして、待つこと数分でこちらが配膳されました~!!!

助六麺』、見るからに食欲が刺激されるビジュアルです。中細の中華麺に、スープは見た目トロリとしている感じがします。トッピングは水菜にメンマ、モヤシに刻み葱と半熟味玉半身、薄桃色をした豚バラの巻き叉焼が存在感ありますね。それと、如何にも辛そうな肉味噌が添えられています。

では、さっそくスープから……動物系の出汁が濃厚で、魚介系をブレンドしたダブルスープですね。どちらかというと動物系出汁が前面に出ていまして、トロ味が強く、塩加減も理想的な味の濃さでとっても美味。中華麺はツルツルしていて黄色い麺、少し硬めの食感が絶妙です。

肉味噌は辛いのですが、肉の旨味と合わさって、そのまま白飯が何杯も食べられそうな美味さ。これをスープに馴染ませるといちだんとスープに厚みが増してさらに美味しさがアップいたします。叉焼もしっかりと歯ごたえがあるのに柔らかく、とてもジューシーですね。半熟味玉のまろやかな味と野菜類のシャキシャキ感も楽しめて飽きのこない一杯です。これは大盛りでちょうどよい量、普通盛りにしたフネさんはちょっと足りなかったようです。で、両名ともキレイに完食。では、打ち合わせのできる場所に移動しましょうか。

f:id:yokobentaro:20150930135918j:plain

f:id:yokobentaro:20150930135933j:plain

白山通り沿いまで戻って、『ニューヨーカーズ・カフェ』でアイスコーヒーを飲みながら……こういうシチュレーションの打ち合わせって、お仕事の打ち合わせがとても捗りますよね(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万二百十三歩。また平日モードの数字ですね(汗)!

午後からは少し散歩に出かけてきます!!!