涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯のカツ丼(並)!

昨日の土曜日は、テニスの練習が夕方からありましたので、運動前に食事を摂ろうと、いつも利用している蔵前橋通り沿いの『なか卯』へ立ち寄りました。

f:id:yokobentaro:20150920175647j:plain

f:id:yokobentaro:20150920175740j:plain

少し前に、ここの『和風カツカレー』を食べてみましたが、そういえば『カツ丼』はあまり食べた記憶がありません。せっかくなので、『カツ丼』を注文してみましょうか。

f:id:yokobentaro:20150920175756j:plain

さっそく店内に入って食券を購入、今回は五百九十円の並にしておきました。運動前なので大盛りにするのは自重ということで(笑)。実は前回の練習で、ラーメンとチャーハンをガッツリ食べて練習中に脇腹が痛くなりましたので……。

とりあえずカウンター席に座っておりますと、店員さんが冷たい緑茶を持って食券を受け取りにきます。そのときに割引券が渡されました。そういえば毎回のように付いてきますが、いつも気がつけば期限切れ。今回は月内に活用しようと思います(汗)。

f:id:yokobentaro:20150920175826j:plain

で、食券を購入すると同時に、厨房に注文の内容がいくので、五分と待たずに『カツ丼』が運ばれてきました!

f:id:yokobentaro:20150920175855j:plain

卵とじがレアで、とても美味しそうですね。『親子丼』もですが、『なか卯』の卵とじは、この半生の状態で供されるので僕の好みにピッタリです。よく見ると玉葱ではなく、刻んだ青葱がいっしょにとじられていますね。

それでは、さっそくいただきます……カツの衣が纏った濃いめの甘辛なタレがとてもよく合います。その甘辛な味付けに、卵の優しい味が相まってとっても美味です。カツも端のほうにカリッとした食感が残っているのもいいですね。

ご飯と卵だけを頬張ると、まるで卵かけご飯を食べているようです。ここまでレアな卵のカツ丼は、ちょっと他のチェーン店ではお目に描かれませんね。

カツカレーと同じカツが使われていると思いますが、このカツ、何故か卵とじで調理されているほうが美味しく感じました。ゆっくりと味わいたいところでしたが、ちょっと練習時間も差し迫ってまいりましたので、七分ほどで完食、お店を後にしました。

……で、腹八分目にしたので、脇腹は安全かと思いましたが、ちょっと考えが甘かったようで、かなりしんどかったです(大汗)!!!

●昨日歩いた歩数……一万二千四百四十五歩。ちょっと仕事が立て込んでおりましたので、テニスコートのある亀戸への往復は電車に乗ってしまいました……。