涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯の和風カツカレー大盛り!

夏の間は、暑さのせいでカツカレーを食べる頻度がすっかり減っておりました。

そう気づくと、何か無性に食べたくなってきますね。そういえば、牛丼のチェーン店にもカツカレーをメニューに掲げるお店がありますが、どんなカツカレーなのでしょう。そこで、まずは『なか卯』のカツカレーを食べてみることにしました。いちおう再度、地図を貼っておきますね!

f:id:yokobentaro:20150914125858j:plain

店頭にはいろいろなメニューが掲示されておりますが……あっ、ありますね、カツカレー。でも、こちらのお店は『和風カツカレー』。和風のカレー、ちょっと興味が湧きますね(笑)。

f:id:yokobentaro:20150914125916j:plain

f:id:yokobentaro:20150914130011j:plain

さっそく店内に入って食券を購入、並が五百九十円なのですが……六十円の差額に負けて、大盛六百五十円にしちゃいました(汗)。食券を購入すると同時に、厨房に注文の内容がいくシステムのようで、ほとんど待たずに『和風カツカレー』の大盛りが運ばれてきます!

f:id:yokobentaro:20150914130046j:plain

見た目は、懐かしの黄色いカレーですね。和風だけあって、具にはレンコンに長葱などの野菜も使われています。ご飯の上には福神漬けにトンカツのトッピング……それでは、いただきます!!!

このカレー、味はお蕎麦屋さんのカレー丼に近い感じの味がします。片栗粉でトロ味をつけているわけではありませんが、カレー粉の風味がダイレクトに伝わる懐かしい味ですね。

カツは、ここのカツ丼と共通のもので、出来也のものを温めている感はあります。ご飯との相性は良いのですが……やっぱりカツカレーにはソースが欲しい!!!

ここでは、カレーソースにどっぷりと浸けて、美味しくいただきました。衣がカレーでシットリとさせると、これもなかなか良いものですね。牛丼チェーン店のカレー、お値段もお手頃ですので、各チェーン店からお好みのカツカレーを見つけるのも、また楽しいかと思います。

……こんな記事をお昼時に書いていると、どうしてもカツカレーが食べたくなりますね。本日は、『松屋』あたりにでも出かけてみましょうか(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万五十一歩。しばらく仕事場に篭った状況が続きますので、このぐらいの歩数で当分横ばいしそうです。