涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区寿町 甲州屋の鳥カツ丼定食!

この仕事場近辺は、お昼時の時間を大幅に過ぎてしまうと、ランチをやっているお店も休憩時間に入ってしまい、選択の幅が狭くなりますね。すでに時間は午後三時、カツ丼でも食べに『そば処 甲州屋』へ行ってみましょうか。このお店は、お昼から晩の営業まで、通しで定食メニューが食べられます!

f:id:yokobentaro:20150908180441j:plain

所在地は浅草消防署の斜め前、都営大江戸線の蔵前駅からは五分ほどで、住所は台東区寿三丁目十五番地十六号になります。いちおう地図を掲載しておきますね(笑)。

f:id:yokobentaro:20150908180504j:plain

本日も『カツ丼定食』と決めてはいたのですが、何気に店頭に出ているメニューに目がいきました。そこで、ちょっとその決心が揺らぎ、『鳥カツ丼定食』八百五十円を試してみたく思いました。チキンカツだと、どんな感じのカツ丼になるのでしょうね。

f:id:yokobentaro:20150908180528j:plain

さっそく店内に入ってみると、お客は僕ひとり……そこで、ちょっと店内をパチリッ!

いいですね、このお店の雰囲気。いかにも昭和の蕎麦屋さんって感じで、いつ来ても落ち着きます。

f:id:yokobentaro:20150908180542j:plain

そして、いつものように待つこと十分足らずで運ばれてまいりましたのがコチラ!

f:id:yokobentaro:20150908180609j:plain

お盆には『鳥カツ丼』と『もりそば』、どちらも普通に一人前の量がありますよ。そばつゆと、小皿にはそれぞれ刻み葱とワサビ、白菜のお新香が載っております。ご飯の上にモコモコと卵とじの鳥カツが盛られているのを見ると、もう堪りません!!!

f:id:yokobentaro:20150908180626j:plain

それでは、『鳥カツ丼』からいただいてみましょう。とにかく鶏肉がとても柔らか! どのように調理したらここまで柔らかく仕上がるのでしょう。鶏皮の旨味が堪らなく美味、トンカツとはまた違った食感と美味さが味わえます。卵とじの甘さは、卵本来の甘さが生かされ、控えめ。そのかわりに塩分は少し濃いめ、昔懐かしいお蕎麦屋さんのカツ丼の味です。どうしても甘めのカツ丼が主流になっておりますので、この味付けは貴重ですね。

f:id:yokobentaro:20150908180640j:plain

ここの『もりそば』は、絶妙な茹で加減の硬さ。蕎麦がしっかりしていてコシがあります。そばつゆは色も味も濃いめ、下町のお蕎麦屋さんのそばつゆですよー。ですので、どっぷりと沈めるとちょっと塩辛めかもしれませんので、薄味の方は要注意(笑)!

あっ、僕は生まれながらにこの辺で育っているので、どっぷり沈めていただいております。そしてすべて食べ終わってのお楽しみ、そば湯をつゆの器に注ぎ、ゆっくりと味わってからお店を後にしました。

午後五時からは、夜定食もあるようですので、週末には瓶ビールといっしょにこちらも堪能してみたいと思います(笑)!

●昨日歩いた歩数……一万三百七十四歩。やっぱり、雨が酷かったので散歩はあまりできませんでした。今日も大雨なので、伸び悩みそうです(汗)!

 

yokobentaro.hatenablog.com