涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

東京藝術大学大学美術館で幽霊掛軸に魅了されました!

とりあえず、この記事で三百日連続更新が達成できました! 皆様、ありがとうございます!!!

で……昨日の、丸の内でオッサンが三人で美術鑑賞をしたお話の続きになりますが、よろしければもう少々おつきあいください……。

実は、『三菱一号館美術館』で『画鬼暁斎』展を鑑賞したあと、まだ時間も早かったので、『谷中銀座』辺りで酒を飲もうと話がまとまり、上野駅まで戻ってまいりました。駅構内から公園口を出て、『上野恩賜公園』へと足を運びます。すると、噴水広場の前には雪が積まれておりまして、何やら子どもがソリ遊び……ずいぶんと楽しそうなイベントですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20150903180635j:plain

f:id:yokobentaro:20150903180647j:plain

……気を取り直して谷中方面へと歩を進めましょう。で、ちょうど『東京藝術大学』へ差しかかると、美術館で開催されている美術展の告知ポスターが貼られておりました。それを見た友人の一人が、

「これ、谷中の『全生庵』に安置されている圓朝コレクションの幽霊掛軸だよ、入らない?」

f:id:yokobentaro:20150903180711j:plain

そこで、ここ『東京藝術大学大学美術館』で開催されている『うらめしや~、冥土のみやげ』展も鑑賞してまいりました。入場した時刻は、すでに午後四時に差しかかろうとしております。閉館は午後五時、急いで観て回りましょう!

f:id:yokobentaro:20150903180740j:plain

f:id:yokobentaro:20150903180756j:plain

地下二階展示室から始まるこの展覧会、四つのセクションからの構成で展示物の総数は百五十点余りあり、けっこう見応えがあります。入場料は当日券で千百円、この入場料でこれだけの点数の作品が観覧できるのはお値打ち価格ですよね。

作品の中には、先ほどの美術展で特集されていた暁斎さんの作品も含まれておりました。そのことも含めて、非常に得した気分です(笑)。さらには、ちょっとお値段は張るものの図録を衝動買いしてしまいました。税込み二千三百円ですが、サイズも大きく、ページも二百ページ近くあり、決して高い買い物をしたという感はありません。

f:id:yokobentaro:20150903180813j:plain

ただし、ミュージアムショップで他の買い物をする予算はなくなりました(汗)。

f:id:yokobentaro:20150903180830j:plain

この『うらめしや~、冥土のみやげ』展、今月の十三日の日曜日まで開催されておりますので、興味のある方はぜひお出かけしてみてくださいね!

で、もう日が暮れ出した頃に『東京藝術大学大学美術館』を後にしたオッサン三人は、今宵の酒場を求めて、さらに谷中方面へと向かうのでした。それも、『谷中霊園』を縦断しつつ……。

そういえば、最近ミーさんが「うらめしや〜」、という感じのポーズをしていましたね……。

f:id:yokobentaro:20150904154010j:plain

●昨日歩いた歩数……一万六千三百九十四歩。そこそこ歩けました(笑)!

スカイツリーの真下まで行ってきましたが、雷警報がアナウンスされたので走って仕事場まで戻りました。でも、途中で大雨に遭いました(泣)……。