涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

松屋 浅草近く 鳥貴族で鶏肉三昧、金麦が美味い!

金曜日の夕方は、僕の休肝日が解禁になりますが、それを見計らったかのように仲間のダミヤンから連絡が入りました(笑)!

「今日、ちょっと仕事が一段落したから飲みにいかない?」

通算五日ぶりのお酒になりますので、二つ返事で承諾いたしました。

とりあえず、午後七時過ぎに都営浅草線の浅草駅改札口で待ち合わせ、その近所で安めの居酒屋を探すことにしました。実は、この日の午後にアパートの家賃を支払ってしまい、あまり持ち合わせがなかったもので……。そこで、全品二百八十円(税込三百二円)のありがたいお店、『鳥貴族』浅草店にいってみることにしましょう!

f:id:yokobentaro:20150831185314j:plain

住所は、台東区浅草一丁目一番地十七号。『神谷バー』の角を左に曲がって少しのところにある雑居ビルの三階、『松屋 浅草』デパートからも馬道通りの信号を渡ってすぐの場所です。

エレベーターで三階へと上がってみると、店のドアを開く前から大人数の喧騒が聞こえてきます。席がなければ諦めて……あっ、すんなり入店できました。

ではさっそく、席に着くなりビールを注文、銘柄は『ザ・プレミアム・モルツ』ですね。つまみは『三角ぼんじり』『つくねチーズ焼』『もも貴族焼 塩』をとりあえず……。

f:id:yokobentaro:20150831185338j:plain

f:id:yokobentaro:20150831185357j:plain

鳥貴族とだけあって、鶏肉が美味いですね(嬉)。ぼんじりは脂が乗り、つくねのタレの甘さはチーズの塩気と濃厚さがカバーして目からウロコの美味しさです。もも串のボリュームも満点、一杯目のビールなんて、あっという間に空っぽです。

では、飲み物を『金麦』に変えて、つまみを追加していきましょう。『味付煮玉子』『手羽先』『チキン南蛮』といきますか。

f:id:yokobentaro:20150831185413j:plain

f:id:yokobentaro:20150831185429j:plain

煮玉子は、やっぱり定番で頼んでしまいますね。甘めの味付けで、いくらでも食べられてしまいそうです(汗)。手羽先は皮がパリッとしていて美味、チキン南蛮は……ご飯が欲しくなること請け合いです。で、これらも、すぐに食べ切ってしまいました。

ジョッキも空になりましたので、今度は『ウーロンハイ』に切り替えて『トリキのチューリップ唐揚』『ポテトフライ』『鶏しそ巻天ぷら』を追加しました。もうお腹はそろそろいっぱいですね。それでも、骨付きの唐揚はしっかり味付けされていて自然と食べられてしまうのが恐いところ。しそ巻天ぷらも、あっさりしていて別腹ですね。

f:id:yokobentaro:20150831185455j:plain

f:id:yokobentaro:20150831185508j:plain

〆には『トリキルージュ』という赤ワインと、『鉄板ひとくち餃子』を注文。お腹がいっぱいでも、ひとくちなので問題なし!……あれ、ダミヤンはいつのまにか『ジンジャーエール』に飲み物を切り替えていたのですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20150831185536j:plain

なんだかんだで、そこそこの量を飲み食いしましたが、お値段は合計五千四百三十六円。単品価格が統一されていると、安心してゆっくり飲めますね。

このお店、とてもリーズナブルでしたので、これからは頻繁に利用することでしょう(嬉)!!!

●昨日歩いた歩数……一万千八百七十五歩。また平日モードに戻りました……。