涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

墨田区本所吾妻橋 ニュー ラホールのカツカレー!

八月も末日に近づいた頃、いつものようにアパートの家賃を支払いに、本所吾妻橋の不動産会社へ行ってまいりました。この不動産会社は、浅草通りと三ツ目通りの交差点付近にあります。支払いを済ましたあとに、この辺で昼食にしていきますか。

周囲を見渡すと、交差点角に交番があり、その隣のマンションの一階には何店舗かの飲食店が軒を連ねております。その中の、『ニュー ラホール』というフランチャイズのステーキ&カレーのお店が気になり、入ってみることにしました。

f:id:yokobentaro:20150830155957j:plain

仕事場の比較的近くの新御徒町稲荷町辺りでも見かけてはいたのですが、まだ一度も入ったことはありませんでした。で、この吾妻橋店の住所は、墨田区吾妻橋三丁目七番地四号になります。

f:id:yokobentaro:20150830160032j:plain

入口脇にはメニュー看板が出ておりますので、内容をチェック。カレーは「スタンダード」と「インド風」の二種類のルーがあります。お値段は五百五十円からありますね、これはリーズナブルです!

それではさっそく入店してみましょう。ここはカウンター席のみ、お客さんは一人で来られている方ばかりですね。さっそくお店の方に注文を……ここではスタンダードカレーの『カツカレー』、六百八十円を注文しました。

で、この店員さん、ずいぶん寡黙な方ですね。ふと厨房に目をやりますと、年配の料理長のような方も寡黙に調理をしておりました。二人でお店を切り盛りしているようですが、この店員さんとほぼ同じ顔つき、親子なのは間違いなさそうです(笑)。

そして、待つこと数分でコチラの『カツカレー』が運ばれてまいりました!

f:id:yokobentaro:20150830160102j:plain

スタンダードのルー! 久々に黄色いカレーを見ました。丸く盛りつけられたご飯に、たっぷりルーのかかったトンカツ、キャベツや人参などを千切りにしたサラダも添えられていますね。その脇に、卓上にあるラッキョと福神漬けを盛って……いただきます!

う~ん、昔懐かしい洋食屋さんのカレーみたいで味わい深い。カレー粉と小麦粉をよく煎って、トロ味をつけるタイプの製法でしょうか、カレー粉の風味がよく立っています。

カツの衣がカレールーでシットリとしているのも、アリですね。これもご飯が進みます。カツに使われているお肉は、なかなか歯ごたえがありますね。サラダには、卓上のドレッシングを使いましょう。フレンチドレッシングの酸味が、さらに食欲を増進させます。

……毎回、カレーはゆっくり食べようと努力をするのですが、十分足らずでどうしても完食してしまいますね(汗)。お値段の割にそこそこのボリュームはあるはずなのですが……。

●昨日歩いた歩数……一万九百五十八歩。前日はお休みだったにもかかわらず、少々サボってしまいました(泣)!