涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草観音通り 中華そば つし馬の冷やし煮干し中華そば!

今週のお題は「夏の食事」だそうですね。では、まずはこの写真をご覧下さい(笑)。

f:id:yokobentaro:20150804135103j:plain

「また暑苦しい画像を(怒)!」と思った方がほとんどかと思います。

実はこのラーメン、冷たいのですよ。その正体は『中華そば つし馬』の夏季限定『冷やし煮干し中華そば』、八月に入って久しぶりに来店しましたが、券売機にこの食券が販売されているのを見て、小躍りしてしいました。

f:id:yokobentaro:20150804135121j:plain

この『つし馬』は雷門通りから観音通りに入って、新仲店通りと交差する手前に位置し、住所は台東区浅草一丁目一番地八号になります。この日、入店した時間は午後五時半、お店はそこそこ混んでいますね。その大半は海外からの観光客の方々です。

で、入口右の券売機の前で、中国からの観光客がメニューを選ぶのに少々手間取っています(汗)。気長に待っていると、店員さんが「ご注文、現金でも大丈夫ですよ!」と声をかけてくれたので、『冷やし煮干し中華そば』八百円也をオーダーいたしました。次回券売機が混んでいるときは、この購入方法が有効ですね(嬉)。

そして、待つこと八分ほどで店主直々に手渡されたのがコチラ(笑)!

f:id:yokobentaro:20150804135144j:plain

黄色く少しウェーブがかった細めの麺に、脂のほとんど浮いていない澄んだ醤油ベースのスープ。トッピングは豚バラ肉の叉焼が三枚、細切り茶褐色のメンマが添えられ、その上には刻み葱が盛られています。パっと見、熱々のラーメンと見紛いますね。

では、まずはスープから……澄んでいるのに煮干しの出汁を力強く感じますね。煮干しを強くすると、どうしても濁りが出てしまうと思うのですが、よほど丁寧に出汁取りを施しているのでしょうか。冷やしているためか塩気を強めに感じます。さらに、刻み葱の香味が溶け込んだお醤油の風味もよく、よく冷水で〆られたモチモチの麺によく搦んできます。

叉焼はスープが冷たいにもかかわらず柔らか、脂身もちょうどいい入り方でしっかりと味付けされ、メンマはコリコリで味は濃いめですね。これはもう食べる速度がどんどん上がること必至です!

冷やしメニューだと本当に十分も経たずに器は空っぽになってしまいますね。この『冷やし煮干し中華そば』、今時のこんな厳しい暑さの最中にとても嬉しい一杯でした(笑)。

そんな暑い日の晩のミーさん、夜風に当たって夕涼みをしておりました(笑)。

f:id:yokobentaro:20150804135206j:plain

f:id:yokobentaro:20150804135217j:plain

●昨日歩いた歩数……一万六百三十四歩。前日とほぼいっしょですね(汗)。涼しくなるまで横ばいになりそうです……。

ちなみにこちらのお店の熱々中華そばの記事も貼っておきますので、ご参考までに〜。

 

yokobentaro.hatenablog.com