涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草 富山ブラックだらんまの辛味噌つけ麺!

本当に暑い日が続いて早くもウンザリですよね。それでも、八月の八日以降は涼しくなる予報になりましたので、少しだけ期待してみましょう(笑)。

……相変わらず、お昼時を迎えても食欲が湧いてきません。こうなると、ついつい食べやすいという理由で麺類を求めてしまいますね。そこで、久しぶりに近所にある富山ブラックラーメンの『だらんま』へ行くことにしました。所在地は、浅草国際通り沿いの『浅草ROX』の手前、通りを挟んだ斜め前。住所は台東区西浅草二丁目一番地十一号になります。

f:id:yokobentaro:20150728165131j:plain

外は暑いのでさっさと入店、入口右側の券売機で食券を購入しようとボタンを確認するも、冷やし麺のメニューが見当たりませんでした。それで、少し悩んで『つけ麺』八百円を選びました。つけダレの味は、醤油・味噌・辛味噌の三種類から選べます。辛いものでも食べれば元気が出るかと、辛味噌を選択。

f:id:yokobentaro:20150728165158j:plain

店員さんに食券を渡し、しばし待ちましょう。そして、十分ほどで運ばれてきたのがコチラ!

f:id:yokobentaro:20150728165229j:plain

辛味噌つけ麺』です。麺は太めの平たい縮れ麺なのですね。つけダレの器の中には、ずいぶん分厚いバラ肉の叉焼、なんと厚さが二センチぐらいあります。このつけダレにはメンマが沈み、多量の刻み葱、黒ごまが浮いています。さらには刻んだ柚子の皮が乗っていて香りがいいですね。

f:id:yokobentaro:20150728165245j:plain

f:id:yokobentaro:20150728165301j:plain

それでは、まずは麺をつけダレにどっぷりと沈めてひと口……うっ、辛い!

分量を多めに辣油がブレンドされているのか、ピリリときますね。味噌の風味がとてもよく塩分濃いめ、動物系の出汁がしっかりとしていますが、比較的サラリとした印象です。刻み葱と柚子の香味とともにしっかりと麺に纏わりついてきます。麺は硬めに茹でてあり、水でしっかり〆られていて僕の好みにはちょうどいい硬さ加減、これは美味しいですね。

豚バラ叉焼は脂身がとても柔らかくコッテリ、全体的にしっかりとした醤油ダレの味付けが施されており、これだけでもご飯がたっぷりと食べられそうないいおかずになりますよ(笑)!

味噌に辣油、これは意外に相性がいいのでいろいろ応用が効きそう、などと考え……気づけば完食。つけダレはそのまま飲むには塩辛いので、店員さんにスープ割りをお願いするも、厨房に入ってなかなか持ってくる気配なし。そしてしばらくすると、これが運ばれてきました!

f:id:yokobentaro:20150728165403j:plain

ラーメンスープで割るだけのスープ割りではなかったのですね。粉末の昆布と魚介出汁をいったん鍋で沸騰させて刻み葱を散らしたスープ(笑)。これをつけダレに投入すると、上品な感じのスープになりますね。あまりに美味しいので、キレイに飲み干しました。

食事を終えて外に出ると、また容赦ない直射日光の攻撃。でも、この一杯でしばらくはこの攻撃の応戦ができそうな気がしてきました(笑)!

●昨日歩いた歩数……一万四百六十歩。ちょっと仕事が立て込んであまり散歩ができませんでした(汗)。今日もムリかな……。

 

yokobentaro.hatenablog.com