涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区田原町交差点 寿司居酒屋 日本海で宴会!

今からちょうど一週間ほど前にお話は遡ります……。

七月十四日は僕の弟の次女が誕生日を迎え、晴れて二十五歳になりました。そこで、その数日前に誕生日を迎えた母親のお祝いもかねて、週末に宴を開きました。

その宴会場となったのは『寿司居酒屋 日本海』の浅草店、住所は台東区雷門一丁目六番地五号。都営銀座線の田原町から徒歩一分、交差点の角になります。このお店は、仕事場からも徒歩一分ほどの距離ですので、重宝しております(笑)。このお店、一階は寿司職人が握るカウンター席があり、二階はテーブル席の居酒屋仕様になっております。今回は六人席のある二階のフロアを利用いたしました。

f:id:yokobentaro:20150721173201j:plain

人数は僕も含めて六人、いったいどれほどの量の食事をしたのでしょうか。あとで写真を整理してみると、けっこうな枚数を撮影しておりました(汗)。今回はお料理の注文をすべて人任せにしてしまいましたので「料理名」は暫定的にしております(大汗)。

f:id:yokobentaro:20150721173241j:plain

まずは生ビールでお祝いの乾杯、それに合わせて「つぶ貝」や「茄子の煮浸し」などのすぐ出てきそうなお料理を注文してつまみましょう。

f:id:yokobentaro:20150721173259j:plain

本日の席は女性が四名ですので、サラダが人気ですね。「ジャコ入り」と「アボガド入り」の二種類のサラダをオーダーしておりました(笑)。

f:id:yokobentaro:20150721173324j:plain

そして、肉大好きの長女のオーダーは「黒毛和牛のステーキ」。これが柔らかくて脂身まで美味、あっという間に争奪戦へと突入いたしました。主役の次女はちゃんと食べれたのでしょうか……。

f:id:yokobentaro:20150721173400j:plain

定番の「焼鳥盛り合わせ」も欠かせませんね。串から外してみなで突っつきます。脂ののったここの鶏肉、塩焼きが合っておりました。

f:id:yokobentaro:20150721173426j:plain

揚げ物も五種類オーダー。「ゴボウスティック」に「鶏軟骨」、「カマンベールチーズ揚げ」に大きな「かき揚げ」。さらには「白魚の天ぷら」、これは絶妙な塩味で特に人気の一皿でした!

f:id:yokobentaro:20150721173459j:plain

魚介類もそろそろオーダーしましょうか。「イカのワタ焼き」のワタの風味と塩気がとっても美味、飲み物をウーロンハイに変えて堪能いたしました。さらには「青魚のお刺身盛り」も追加で。ここのお店はお刺身が新鮮で本当に美味しいんですよ(笑)。

f:id:yokobentaro:20150721173543j:plain

そこで、ちょっと奮発して大きな筏に盛りつけられた「お刺身とにぎり寿司の盛り合わせ」を頼んでみました。さすがに寿司居酒屋の本領発揮ですね。見た目豪快で味は新鮮、これは週末にお店が賑わうのも納得がいきます。

f:id:yokobentaro:20150721173616j:plain

ここで「蛤の酒蒸し」と、ちょっと食べ足りない人には追加でにぎり寿司を注文。巻物は「あなきゅう」に「ねぎトロ」に「かっぱ」、にぎりは「えんがわ」に「数の子」「子持ち昆布」。ところが僕以外の家族はお腹いっぱいで食べ切れなくなり、残りは僕が美味しくいただきました(笑)。

お勘定は合計で二万二千円弱、六人でこのお値段はそこそこリーズナブルかと思いました。たまには、こんなささやかな贅沢もよいかもしれません。

でも、本日は「隅田川花火大会」ですので、このお店も混雑必至でしょうね。僕はおとなしく家飲みしています(汗)……。

●昨日歩いた歩数……一万千八百十九歩。今日近所は花火の交通規制で夕方は歩けなくなるので、早い時間にお出かけしましょうか……。