涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯の和風牛丼大盛り!

牛丼のチェーン店って、どこの会社も少し前に一斉に値上げしましたよね。

でも、最近muraさんのブログで、美味しそうな手づくり牛丼の写真を見てしまい、久しぶりに食べたくなっておりました(汗)。そんな折り、仕事場の複合機から納品用のプリントを出そうと思い、紙の残量を確認すると……用紙切れ寸前。慌てて浅草橋の大手事務用品店に買い出しに走りました。

買い物を終え、仕事場へ戻ろうとすると、横断歩道の向こうに『すき家』を見つけました。

「う~ん、A4コピー用紙を三冊持って遠回りはヤダなー」

結局『すき家』は見送り、仕事場へと足を速めます。そして蔵前橋通りに差しかかる手前に『なか卯』があったことに気づきました。

f:id:yokobentaro:20150705145913j:plain

f:id:yokobentaro:20150705145958j:plain

店頭ポスターには大きく『うなまぶし』の告知が水樹奈々さんのビジュアル入りで誘惑してきますが、やはり頭の中は牛丼! よく見ると、ここのお店は『和風牛丼』なのですね。いったいどこが和風なのでしょう?

入って右側の券売機でさっそく『和風牛丼』をチェック。ミニが三百円、並が三百五十円ですね。では、並を購入、しようと思ったのですが……やっぱり大盛り五百円にしちゃいました(大汗)。

食券を購入すると同時に、厨房に注文の内容がいくシステムになっているのでしょうか、ほとんど待たずに『和風牛丼』の大盛りが運ばれてきました!

f:id:yokobentaro:20150705150033j:plain

f:id:yokobentaro:20150705150052j:plain

和風だけあって、玉葱ではなく長葱、食べやすくカットされた糸蒟蒻が牛肉とともに煮込まれています。さっそく紅生姜をたくさんトッピングして……いただきます!!!

牛肉は柔らかくホロホロに煮込まれていますね。長葱の甘みがほどよく、糸蒟蒻で少しサッパリした印象の美味しさ。ご飯にかかる汁も適量でベチャベチャしていないのがいいですね(笑)。紅生姜とともに食べ進んで……五分後にはもう丼は空っぽでした。冷たい抹茶風のお茶で〆て、すぐに仕事場へと戻りました。

牛丼チェーン店、各社食べ歩くと、それぞれの特徴があって面白いかも。お値段も、これぐらいの金額の値上げだったら、『なか卯』はまだ入りやすいかな、と思いました(笑)。

久しぶりに、『吉野家』にも行ってみようかな……。

●昨日歩いた歩数……一万七百九十三歩。平日は、やっぱり横ばいしてしまいますね(汗)。