涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草雷門近く 日高屋でごま味噌冷し!

平日仕事場にいると、ついついお昼の時間を先延ばしにしがちになります。気がつけば午後四時、なんてことはしょっちゅうです。万歩計の歩数も気になるので、それでも食事に出かけます……夕食前なのですが(汗)。

この日は浅草雷門方面へフラフラ、『日高屋』の前に差しかかると、またもや新しいメニューが……『ごま味噌冷し』という冷やし麺が限定メニューで出ていました。これは、素通りできませんね、ではさっそく入店!

f:id:yokobentaro:20150630192057j:plain

場所は、東京メトロ田原町駅から徒歩五分ほど。浅草国際通りから雷門通りに右折して少々、住所は台東区雷門一丁目十四番地七号になります。

夕食前ですので、単品で注文しようと思いましたが、麺類だけではちょっと寂しいですね。『ごま味噌冷し』の単品ですと五百三十円、そこに『半チャーハン(単品二百五十円)』セットを付けるとお値段は七百七十円。セットにするとこのふたつの合計単品価格より十円ほど安くなっております。結局誘惑に負けて『半チャーハン』セットにしました(汗)。

f:id:yokobentaro:20150630192115j:plain

この時間になると、さすがに店内は空いております。待つこと十分足らずで注文の品が運ばれてまいりました。その写真がコチラ!

f:id:yokobentaro:20150630192151j:plain

『ごま味噌冷し』はつけ麺仕様。細目の中華麺には、ざる蕎麦風に刻み海苔が散らされていますね。つけダレは、トロリとした感じの薄茶色、刻み葱が浮いています。

f:id:yokobentaro:20150630192213j:plain

つけ麺の具は別皿盛り。胡瓜・ハム・錦糸卵・若布、これはつけダレに少しずつ投入していただきましょう。それでは、まず麺をつけダレにどっぷり浸けて……細ちぢれ麺に、タレがよく搦みます。たっぷり使われている香ばしい白ゴマペーストに白味噌の塩気と甘みがよく合いますね。これに葱の香味と海苔の風味が、和風テイストを感じさせてくれます。さらに四種の具をつけダレに入れて……若布の磯風味、それにハムの塩気と胡瓜の瑞々しさにプラスして錦糸卵が全体の味をマイルドに。これらを入れることによって、つけダレの味の変化が楽しめます。

そして半チャーハン、ご飯茶碗軽く一膳分ぐらいの量があります。パラパラした食感で、味付けの濃さは少し控え目に感じます。それではと、テーブルに設置されたコショウを振りかけて、パンチを効かせていただきました。

本日もすべて完食! ここの夏限定メニュー、前回食べた『黒酢しょうゆ冷し麺』も加えてとても美味しいですね。まだ新しいメニューが追加されるのでしょうか。『日高屋』、しばらくこのお店から目が離せませんね(笑)。

●昨日歩いた歩数……六千九百九十三歩! また一万を切ってしまいました(汗)。

遅くまで飲みにいっていて、帰る途中で日付が変わってしまいました(泣)!!!

 

yokobentaro.hatenablog.com