涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区寿町 甲州屋のカレーうどん定食!

唐突ですが……たまに、「和風」のカレー味って食べたくなりませんか?

例えば、カレー南蛮やカレーうどん、カレー丼とか。でもちょっと七月には……どうしても熱いメニューは敬遠しますよね。ところが、何故だか急にどうしても食べたくなって、仕事を抜け出してしまいました(汗)。

向かった先は、以前『カツ丼定食』を食べた『そば処 甲州屋』。少なくともこの地で四十年以上は営業している老舗のお蕎麦屋さんです。店内はその歴史を感じさせるいい雰囲気の造り、ここには昭和がまだあります。

f:id:yokobentaro:20150701203834j:plain

所在地は、前回書いた地図を再利用しましたので参考までに。浅草消防署の斜め前、都営大江戸線の蔵前駅からは五分ほど、住所は台東区寿三丁目十五番地十六号になります。

f:id:yokobentaro:20150701203849j:plain

さっそく店外に出ているメニュー看板をチェック。『カレーうどん定食』、七百五十円というメニューがありますね。手許の時計を確認すると、午後四時四十分……暖簾は外に掛けられていますね、では中に入ってみましょう!

店内を覗くと、お客さんは誰もいません。厨房奥にはご年配の大女将さんが……食事が可能か訊ねると……大丈夫でした(笑)。では、さっそく『カレーうどん定食』を注文、待つこと数分でコチラの膳が運ばれてきました!!!

f:id:yokobentaro:20150701203905j:plain

カレーうどんに、セットのミニかき揚げ丼。薬味の刻み葱と胡瓜の浅漬けの各小皿も乗っております。立ち籠めるカレーと出汁の香り……この香りに誘われて、まずはうどんから。カレー出汁の味がしっかり搦んで美味しい。うどんは少し柔らかめな食感です。このカレー汁、片栗粉のトロ味の付けかたは、少しサラリとした感じ。蕎麦汁をベースに作られた、出汁のきいた濃い味の汁ですね。麺の他に、玉葱と豚バラ肉が入っています。しっかりとカレーの味が染み込んだ玉葱がまた美味しく、豚バラ肉の脂身の甘さも堪りません!

ここで、ミニかき揚げ丼を食べてみましょう。ご飯は軽く一膳分はあります。上に乗るかき揚げには、玉葱・刻み葱・人参・南瓜の野菜類が食べやすく刻まれ、揚げられています。ご飯にかかる天つゆの量はほどよい分量で、さっぱりといただけますね。火の通った玉葱の甘みで、ご飯が進みます。

こちらと交互に食べ進み、カレーうどんが半分になった頃に刻み葱を投入、生葱の香味が足されて、また違った美味しさになります。かき揚げ丼を平らげ、カレー汁を飲み干したら、胡瓜の浅漬けでさっぱりと〆ましょう(笑)。この浅漬けも塩分控え目で美味しいですね!

……暑い日に熱々のカレーうどん。汗をかきながらの食事でしたが、店の外に出てみると微かな風が爽やかに感じて、少し涼しく感じました。

●昨日歩いた歩数……一万九十一歩。あえて一万は超えたものの、少ないですね。今日も雨なので、あまり歩けないです(汗)。

 

yokobentaro.hatenablog.com