涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

晩の食生活シリーズ 浅草 鮒金の佃煮!

ここのところ、休日の度に三ノ輪方面に散策に出かけているような気がします(汗)。

先週の土曜日も、田原町の仕事場から浅草国際通りをトボトボと……。すると、酉の市で有名な『鷲神社』の少し手前に、ちょっと小粋な店構えの佃煮屋さんがありました。このお店、『浅草 鮒金』といいますが、今ではあまり見かけなくなった『いなご』の佃煮が手に入るんですよ(笑)。

あっ……苦手な方には申し訳ないです(汗)。これって昆虫ですもんね。僕は母方の実家が長野県なので、何の違和感もなく小さい頃から食べておりましたが……。

f:id:yokobentaro:20150617103444j:plain

その『浅草 鮒金』、住所は台東区浅草三丁目十三番地三号になります。 日曜・祝日は定休日みたいですので要注意! でも、JR御徒町駅前の『吉池』まで出向けば休日でもここの商品は買えるようですね。

f:id:yokobentaro:20150617103501j:plain

この日は『いなご』と『桜でんぶ』を購入、合計八百六十円でした。『いなご』の説明はもういいですよね……。では、一緒に購入した『桜でんぶ』とはいったい何でしょう。「でんぶ」といっても、お尻の「臀部」ではありません(笑)。茹でた鯛や鱈などの白身魚の脂肪分を抜いたものを、細かくほぐして甘めに味付け、炒ったもの。これがちらし寿司に使われていると美味しさが格段にアップしますよね(嬉)。

f:id:yokobentaro:20150617103735j:plain

買ってきた『いなご』のほうは、さっそく白ワインのおつまみでいただきました。これが甘辛くてサックサクの歯ごたえも楽しく、ついついお酒が進んでしまいますね。さらに『桜でんぶ』は、お酒の後の〆ご飯でいただきます。これは、子どもの頃に食べていたものを再現……といっても、熱々のご飯にのっけただけですね(笑)。でも、それだけでも美味しいですよ。ただ甘いだけではなく、魚のうま味も生かされています。

f:id:yokobentaro:20150617103908j:plain

晩の食生活、たまにこんな感じで済ますこともしばしば……で、まったく野菜を食べていない!

……さすがにミーさんもこの食事には無反応でしたね(汗)。

f:id:yokobentaro:20150617103925j:plain

●昨日歩いた歩数……一万三十一歩。夕方から歩きましたが、あまり歩数は稼げませんでした(汗)。

今日は天気もいいので、ちょっと遠出してきます!!!