涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

カレーの王様 浅草橋店の王様スペシャル(笑)!

ここ二日ほど仕事がたて込んでいましたので、お昼を抜いての作業。そして、何とか印刷入校用データが出来上がりました!

午前中に新宿のクライアントにお届けして、久しぶりのランチタイムといきましょう。さあ、何を食べましょうか。とりあえず都営新宿線馬喰横山で下車、そこから仕事場へと戻りながら考えることに。そして、浅草橋を通過した頃、いつもの黄色い看板が……。

f:id:yokobentaro:20150624200111j:plain

どうしても、この店舗の食品サンプルに目がいってしまいます、『カレーの王様』の……。場所は、JR浅草橋駅東口から江戸通りを蔵前方面に歩いて三分ほど。住所は台東区柳橋二丁目六番地四号、黄色い看板が目印です。入口脇の壁面には各カレーの写真とお値段が掲示されていて、見ているだけでお腹が鳴ります。その中に気になるメニューが……。

f:id:yokobentaro:20150624200134j:plain

『王様スペシャル』七百十円。「フォン・ド・ヴォーカレー」と「バターチキンカレー」の二種類のカレーがひと皿に、おまけにトッピングも豪華です。自分へのご褒美、もうこれで決まりですね。さっそくお店に入って注文、配膳のカウンター前で待つこと二分ほどて手渡されました。

f:id:yokobentaro:20150624200203j:plain

こちらが『王様スペシャル』、皿の真ん中にご飯の堤防が築かれ、「フォン・ド・ヴォーカレー」と「バターチキンカレー」が両サイドに流し込まれています。ご飯の上にはゆで卵の半身、茄子とマッシュルームの煮浸し、ほうれん草とベーコンのソテー、チキンタツタ二切れがトッピングされています。

それでは、フォン・ド・ヴォーから……これは欧風カレー特有の、甘みとコクの強いトロリとしたタイプ、スパイスもほどよく効いて美味しいですよ。続いてバターチキン……こちらはサラリとしていますね。味はこちらも甘口です。具材は鶏肉にマッシュルーム、バターの風味が濃厚です。ひと口食べて、何となくパグチーの香りを感じました。これはインド風というよりはタイ風カレーのような感じがしました。鶏肉も柔らかくて、マッシュルームの食感が面白い。この二種類のカレーが同時に味わえるのはちょっと贅沢な気分になります(笑)。

トッピングの茄子は柔らかく、また、ほうれん草とベーコンのソテーも美味。カレーに混ぜ込んでもご飯が進みますね。ここのチキンタツタもサクリと揚っていて美味しいですよ。薄味がついているので、僕としては珍しく、ソースをかけずに食べました。

カレーもおかずもたっぷりなこのひと皿、とても満足でした! 強いて言えば、もう少しご飯が多いと嬉しいのですが、たぶんそう思っているのは僕だけでしょう(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万三千八百八十八歩。前日より少し減りましたが、そこそこ歩けました!