涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

晩の食生活シリーズ 京樽のお寿司!

二日も連続して晩ご飯のお話で恐縮です……。

いろいろみなさんのブログを拝読しておりますと、美味しそうなお料理の写真がアップされておりますね(笑)。この日は、美味しそうな金沢のお寿司の写真を、うさぽんさんのブログで見てしまいました!!!

もうこうなると、晩ご飯はお寿司にしないと気が済みません!

と、いうことで午後八時過ぎに仕事場を後にしてお寿司を買って帰りましょう。仕事場からいちばん近くでお寿司が売っているお店となると『京樽』ですか。田原町の交差点から浅草方面へ少し歩いた場所に位置し、ここで『茶きん鮨』の二個入りと『なでしこ』という名称のにぎり寿司を購入、どちらも二割引で、〆て千八十円(正規の値段は千三百五十円)でした。さて、実家に帰りましょう。

f:id:yokobentaro:20150525111826j:plain

寿司ネタは、マグロ×2・帆立貝・サーモントラウト・甘海老・ネギトロ・鮭・石垣貝・イカ・いくら醤油漬・いずみ鯛昆布じめの十一貫。鮮度は、金沢にはとうてい敵わないと思いますが、美味しそう!

茶きんには酢〆の海老が乗っていて酢飯には木耳や穴子や海苔が混ぜ込まれています。卵の包みが滑らかで、これ、美味しいんですよ。一つのボリュームもけっこうありますね。これ、母親の好物なので手渡すも、もう食事を済ませたあととのこと、翌日の朝食にするそうです。

f:id:yokobentaro:20150525111940j:plain

ここで……食べ物の気配を察知したミーさん、さっそく僕の背後に忍び寄ります(汗)。

f:id:yokobentaro:20150525111959j:plain

どうせ、生帆立と甘海老が目当てなのでしょう。小皿に『ミーさん定食』を用意しましたよ。その定食に利用した二貫分は、シャリのみの物悲しいビジュアルですね(笑)。もちろん僕が責任を持って食べさせていただきました。

f:id:yokobentaro:20150525112037j:plain

小皿を差し出すと、ものすごい勢いで食べ出しました。……あっ、零した!

f:id:yokobentaro:20150525112106j:plain

ちなみに、『東京スカイツリー』は今月で開業三周年、ライトアップがこんな感じです! このライティングからいろいろ変化していきます(笑)。

f:id:yokobentaro:20150525112125j:plain

●昨日歩いた歩数……一万二千六百三十七歩。前日とほぼ同じぐらい歩きました。