涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

有楽町から上野まで中央通りを散歩 その1

ちょうど一週間前のお話になります。

お仕事で使用している書体のパスポートの更新で、再び『ビックカメラ』にやってきました。今回は「フォントワークス」の年会費の払い込みです。でも、せっかくの日曜日にここまで出向いたのですから、山手線でトンボ帰りも寂しいですよね。

f:id:yokobentaro:20150522153251j:plain

では、今回は銀座をブラブラしてから、日本橋経由で浅草まで戻りましょうか。

まずは『ビックカメラ』を起点にして中央通りに出てみましょう。写真ではちょっとわかりづらいのですが、歩行者天国が実施されていて、人通りが多いですね。左の写真が四丁目交差点方面、右が京橋方面です。

f:id:yokobentaro:20150522153323j:plain

京橋までは歩いてすぐに着いてしまいます。首都高の下には、京橋の名残りがいくつか確認できますね。その脇には『警察博物館』、入場無料です。玄関にはピーポくんの大きな置物、その前では子どもの記念撮影をお母さんがしてますね。逆側の白バイにも子どもが跨がっています。お父さんが面倒をみている光景が微笑ましい(笑)。

f:id:yokobentaro:20150522153532j:plain

f:id:yokobentaro:20150522153557j:plain

さらに日本橋方面へと歩を進めましょう。日本橋に近づくにつれ、歴史の古そうな建造物が増えていきますね。『日本橋高島屋』もそのひとつ、玄関扉のゴシック様式のデザインも歴史を物語っています。今見ても洒落ていますね。

f:id:yokobentaro:20150522153637j:plain

f:id:yokobentaro:20150522153704j:plain

そこから日本橋までは目と鼻の先、橋の欄干には獅子や麒麟の像が鎮座していて、近くに寄ると迫力満点。この、橋の両側の獅子、前足で何か押さえていますが、よく見ると東京都のシンボルマークなのですね。

f:id:yokobentaro:20150522153835j:plain

橋のたもとには観光用のボートが渓流されていますね。ちょっと調べてみましたが、この舟めぐりの参加料は大人二千五百円、子ども千五百円だそうです。周遊の所要時間は約一時間、楽しそうなので近いうちに参加してみましょうか(笑)。

f:id:yokobentaro:20150522153923j:plain

ちょっと写真の枚数が多くなってしまいましたね(汗)。では本日はここまでにしておきましょう。で、ここまでの万歩計の歩数表示は約二千五百歩。意外に近いものですね。

明日は、ここ日本橋から上野までの散策をアップいたしますので、宜しければ覗いてみてください!

●昨日歩いた歩数……一万六千七百十五歩。まあ、そこそこ歩けましたが、目標までは届きませんでした(汗)。