涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

神田神保町 たいよう軒のラーメン&半チャーハン!

うわぁ~~~~~、またやらかしてしまった~~~~~~(汗)!

これは、仕上がった印刷入校データを納品しにいったときのお話。午後一時半にフネさんにデータを渡して、食事に出たまでは良かったのですが……。

「フネさん、今日のおススメは?」

「近くに中華が美味い店があるらしいんだけど、行ってみる?」

……ということで、さっそく食べてきました!

JR水道橋駅西口から、水道橋西通りを神保町方面へ。靖国通りにぶつかる手前の路地を右折してすぐ、住所は千代田区神田神保町三の十二 山瀬ビル一階になります。

f:id:yokobentaro:20150519111704j:plain

屋号は『たいよう軒』、カウンター席が八席ほどの小ぢんまりとしたお店です。時間はもう午後二時近くなのですが、席はほとんど埋まっており、少々待って着席しました。

厨房では、壮年のご夫婦(?)が手際よく料理の切り盛りしていますね。では、何を注文しましょうか。やっぱりここは『ラーメン&半チャーハン』のセット七百五十円で。表の看板に「麺の大盛りは無料です」、とありましたのでついつい大盛りに……。あっ、フネさんは同じセットですが、普通盛りにしました(笑)。

f:id:yokobentaro:20150519111736j:plain

ラーメンは五分前後で供されました。が、大盛りは麺の量が隣のフネさんのと較べてかなり多いです。それに加えて叉焼の分厚いこと、一センチほどはありそうです、それも二枚。トッピングは、他にサヤエンドウとメンマ、焼き海苔と刻み葱。スープは東京ラーメン特有の澄んだお醤油味、麺も細く緩いウェーブがかかっていて美味しそう。

f:id:yokobentaro:20150519111917j:plain

それから三分ほどで半チャーハン? いや、これはどう見ても一般のお店の一人前ですよね(汗)。具は定番の卵と叉焼と刻み葱、グリーンピースのトッピングが懐かしさを感じさせる一皿。で、フネさん……このチャーハンを見るなりひと言!

「僕の叉焼、一枚あげるよ!」

……すると僕の器に叉焼をドボンッ! では、まずラーメンからいただきましょう。スープはガラをじっくりと炊き出した醤油味、とっても懐かしい味で美味。麺は柔らかめに茹でてありますね。分厚い叉焼はとても柔らかく仕上がっています。薄い味付けで飽きがきません、これならペロリと食べられてしまいますね、あとが怖いけど……。

チャーハンは、理想的なパラパラ感に加え、僕好みの塩気で少し濃いめの味付け。久しぶりに食べた、下町の中華屋さんの味に舌鼓(嬉)。この一人前(?)チャーハン、僕の頭の中では満点を付けさせていただきます!

ただ……初めて入るお店では、これからは大盛りはやめておいたほうが良さそうですね(汗)。でも、スープも残さずキレイに完食!

このボリュームでこのお値段、やはり学生さんの多い街にはまだまだ隠れた名店がたくさんありそうですね……これだから食べ歩きはやめられません(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万八十歩。また平日横ばい状態に陥っていますね。お昼の散歩を強化しないと(笑)。