涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

神田神保町 パンチマハルのインドカレー!

前回『パンチマハル』で食事をしてから、丸一ヶ月が経過しております。実はそのとき、一緒に食事をしました「パンチファン」のデザイナーさんと、月に一度はこのお店で、食事をしようという誓いを立てました(笑)。

f:id:yokobentaro:20150515185418j:plain

道順は、靖国通り沿いの『マクドナルド』を正面に見て右側の道、錦華通りを水道橋方面へ五分ほど進みます。すると、『川兵衛』という博多ラーメン屋さんがありますので、その隣。住所は千代田区神田神保町一の六四の二になります。

f:id:yokobentaro:20150515185503j:plain

お店に到着したのは午後一時十五分、少ししてデザイナーさんも到着。その頃、店内にはちょうど二席分の空きができていました。さっそくメニューに目を通し、僕は『インドカレー』九百八十円をセレクト、辛さは二辛にしました。もちろん、セットで『ラッシー』も付けて、っと……実は……この『ラッシー』、セット価格は一杯百二十円でした……前回間違った情報を載せてしまったような(汗)。過去の記事の価格も訂正しておきましょう!

デザイナーさんは、『ドライカレー』をセットで注文、やはり二辛にしていました。彼と雑談すること数分で、双方の注文の品が運ばれてまいりました!

f:id:yokobentaro:20150515185524j:plain

こちらが僕の注文した『インドカレー』です。例によってご飯は大盛りにしました。ご飯にはレッドペッパーで和えた玉ねぎの酢漬けが添えられています。カレーの具には骨付きの鶏肉が三本も! それに加え、大きめカットの茄子が二切れにオクラが丸ごと一本添えられています。ルーは赤っぽい色味で、トロリと濃厚な印象です。

では、まずはカレールーから……うん! いろいろな具材が溶け込んでいて、それでいて滑らかな食感、マッタリ濃厚な味です。一般のインドカレーってサラサラしている印象がありますが、このお店のトロトロの『インドカレー』はとても美味、ココナツのような風味(?)も感じられます。複雑な香辛料の配合をしているのですね。

辛さは……汗が徐々に噴き出すぐらいにスパイスが利いていますよ。これはご飯との相性はバツグンです。骨付きの鶏肉、食べづらいとお思いかもしれませんが、これがまた柔らかく煮込まれていて、スプーンでも簡単にほぐれてキレイに外せます。茄子とオクラは、サッと油で素揚げされているようです。素材の美味しさが閉じ込められていてまた格別。

食べ進むごとに珠のような汗が……紙おしぼりで汗を拭いながらの食事になりました。すべてを完食し、『ラッシー』を飲み干します。この一杯が、辛さで火照った身体を冷却、落ち着かせてくれます。

食事を終えて、すずらん通りでちょっとコーヒーを飲んで帰りますか。その席での話題、次回はいつ『パンチマハル』に来ようかという予定を決めてお開きとなりました(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万九十六歩。また平日モードに戻ってしまいました(汗)。雨、やんでくれるのでしょうか……。

 

yokobentaro.hatenablog.com