涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

静岡県伊豆市湯ヶ島 浄蓮の滝

昨日のお話の続きになりますが、少々お付き合い願えれば嬉しいです!

宿の夕食まで間がありましたので、夕涼みがてらの散歩に「浄蓮の滝」まで行ってみようと話がまとまり、いざ出発!

f:id:yokobentaro:20150513102916j:plain

『白壁荘』からの一本道を上へ上へと登ります。ちなみに前を歩いているのが友人夫婦とダミヤンです。途中の脇道はもう山道、入り込むとちょっと怖いですね……でも、一応案内の地図は設置されています。

f:id:yokobentaro:20150513102946j:plain

本当に自然がいっぱい、空気も澄んでいます。途中、雨蛙が鎮座しているのを見かけましたが、何故かぜんぜんピントが合わず……僕の写真のテクニックは、本当に皆無です(泣)。

f:id:yokobentaro:20150513103006j:plain

国道414号沿いをこのあと歩いたのですが、ほとんど車道で、危険なので写真を撮るのを断念。道すがら「黒アゲハ蝶?」を見つけたのですが、羽を開くと、何と都内ではなかなか見かけない「カラスアゲハ蝶」でした。鱗粉の光り具合が綺麗な蝶なのですが、図解すると、何となくこんな感じになります。

f:id:yokobentaro:20150514145749j:plain

結局、浄蓮の滝の入口まで五千歩ほど歩きました。入口には「伊豆の踊り子」の像と、何かの記念碑がありますね。では、矢印に従って滝まで下りてみましょう。

f:id:yokobentaro:20150513103029j:plain

けっこう遠くに落流が見えますね、これは階段をだいぶ下りないと到達できそうにありません。なんか、階段の途中に不気味な洞窟があったり、夕暮れ時にはちょっと来たくないところですね(汗)。

f:id:yokobentaro:20150513103101j:plain

やっとのことで「浄蓮の滝」のすぐ近くまで来れました。大きな岩には、「天城越え」の歌詞と楽譜の刻まれた石盤が嵌め込まれています(笑)。時間はもうすでに午後五時半を回っているので、夕食のこともあり慌てて引き返します。

f:id:yokobentaro:20150513103131j:plain

♫行きはよいよい、帰りは辛い~♪……階段をそうとう下まで下りているので、上っていくのはかなりハードです(汗)。宿までは結局、路線バスを利用して戻りました。

それでも、お食事前のウォーキングで、みんな空腹になれました。さあ、晩ご飯が楽しみですね! まだまだお話は続きます……。

●昨日歩いた歩数……一万千三百十六歩。あまり前日と変わりませんでした(汗)。本日は印刷入稿用のデータを水道橋まで届けに行くので、帰りは浅草まで歩きます(笑)。