涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

神田三崎町 GAZZOの豚肩ロースの西京焼定食!

連休明けの木曜日は水道橋へ出かけていました……ゴールデンウィーク中に修正したゲラの納品です。それをフネさんに手渡したのが午後一時半、いつものように食事に出ましょうか。外に出て、タイミングよく作家のガッキィさんと合流しました。実は、前々から昼食会をしようと予定していたもので(笑)。

ここしばらくの、大食漢モードで胃が大きくなっていますので、ガッツリと食べたいところですね。それではとフネさんが選んだお店、名前は『GAZZO』という創作イタリアン。住所は千代田区三崎町二丁目二番地十五号。すぐ近くには日大法学部、白山通りと並行した通りにあります。

f:id:yokobentaro:20150512182753j:plain

あっ、フネさんとガッキィさんは顔出しNGのようですので、トンガラシにしておきますね(笑)。

時間も時間ですので、四人がけの席が空いておりました。では、さっそくメニューをチェックしてみましょう。手描きのオシャレなメニュー表が各テーブルに置かれています。

f:id:yokobentaro:20150511105527j:plain

僕とガッキィさんは本日のオススメ、『豚肩ロースの西京焼定食』九百五十円をセレクト、フネさんは『豚しゃぶメカブトロロ丼定食』八百三十円ですか。ご飯は僕だけ大盛り、昨日あれだけ食べても懲りておりません(笑)。十分ほどでそれぞれの注文の品が運ばれてまいりました!

f:id:yokobentaro:20150511105552j:plain

写真が『豚肩ロースの西京焼定食』、ここの大盛りご飯のビジュアルも笑えますね、大盛りは無料です(嬉)。メインプレートには分葱を散らした豚肩ロースの西京焼、加熱したキャベツが敷かれております。横長のプレートに盛りつけられている副菜は、左からひじきの煮物・ポテトサラダ・胡瓜のたたき・ピリ辛モヤシ。スープの具はキャベツ・人参等、生姜風味のコンソメスープです。

それでは、まずは西京焼から……柔らかい! それに肩ロース肉にしっかり染み込んだ西京味噌の甘みと香りがとってもよく合って美味、西京焼は最強ですね!

このお肉と合わせてご飯を食べるとアラ不思議、ご飯の山はみるみる平坦に。敷いたキャベツも肉の脂をほどよく吸っていて、これもご飯と合わせて食べ進みます。そして副菜が四種類あるのが嬉しいですね。素材のうま味が引き出されていて、どれをとっても美味しい品々。とてもバランスのとれた食事、という感じがします(嬉)。

もちろん、すべて完食いたしました! でも、このまま大食漢モードが元に戻らないと、若い頃のように食費が嵩んで大変なことになりそうです……。

●昨日歩いた歩数……二万百八十一歩。久しぶりの目標達成です! お昼から神田、水道橋を食事がてら歩いて、浅草橋二往復……という感じでした(笑)。