涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR御徒町駅北口 テング酒場で夕方飲み!

引き続きダミヤンと、二軒目の酒場を求めて彷徨います(笑)。『焼鳥日高』から梯子をすべく向かった場所はJR御徒町駅。いろいろとお店を物色をするものの、時間はもう午後五時、目当てのお店はどこも満杯でした(汗)。そこで、とっておきの穴場に行ってみましょうか。

f:id:yokobentaro:20150505125258j:plain

そのお店はおそらく空いていますよ、『テング酒場』。入口はこんな感じです。あれっ、ダミヤンの後ろ姿が写真に映り込んでいますね(汗)。場所は春日通りと昭和通りの交差点に出る、一本手前の路地にあります。住所は台東区上野五丁目二十五番地八号。店舗は地下一階、階段を下りて広い店内を見渡すと、まだお客さんはほとんどおりません。それでは、ゆったりと四人席に腰かけて、飲み物メニューを物色。『レモンサワー』で乾杯といきますか。

f:id:yokobentaro:20150505125352j:plain

おつまみは……一件目は肉類がメインだったので、『枝豆』と『まぐろブツ』に『イカの一夜干し』と、アッサリめの食べ物を注文、お腹もそこそこ落ち着いているので、本当につまみ程度ですね。

f:id:yokobentaro:20150505125426j:plain

それでも、飲み進むうちにまた食欲は全開モード、『小エビのアヒージョ』に『クリームチーズの味噌漬け』、『生ハム』に『一口串カツ』を追加注文してお酒もお替わり!

『一口串カツ』は一本九十円、なんか駄菓子屋さんの値段みたいですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20150505125454j:plain

特に『小エビのアヒージョ』と『クリームチーズの味噌漬け』はものすごく美味でした。アヒージョには、トーストしたフランスパンが付きますが、フランスパンだけ追加注文して、エビのうま味と塩味がにじみ出ているオリーブオイルを付けて食べ進みます。味噌風味のチーズは、目からウロコの美味しさ、これはもう次回も外せませんね!

結局ここでは三杯ほど飲みましたか。この時点で時刻は午後七時を回りました。なんか、やたらと睡魔に襲われてきたので、本日はおとなしく退散しましょう。

お勘定は〆て合計五千二百円ほど、お値段はそこそこの設定かと思いました。

ちなみに、先日血液検査の結果が出ましたが、昨年の初頭に百八十超えのガンマGTPは、丸一年に渡って休肝日を増加したおかげで四十二まで下がっておりました(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万四千五百七十六歩。前日より歩数は少しアップしましたが、あまり遠出できませんでした(汗)。