涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR日暮里駅南口 焼鳥日高で昼間飲み!

最近、あまり居酒屋さんの記事がアップできておりません。何故かといいますと、休肝日を月の半分以上とっておりましたら、お酒がめっきり弱くなって、平日は愚か日曜日も、翌日の二日酔いが恐くて飲めなくなりました(笑)。

それで翌日二日酔いになってもあまり影響のない、土曜日に飲むようにしております。と、いうことで、たまにはダミヤン(友人です)を誘って少し変わった場所で飲みましょう。場所は谷根千あたりで行き当たりばったりの店で飲むことにして、JR日暮里駅南口で午後三時に待ち合わせ。無事に合流するも、どうもダミヤンは夜中に階段から落ちてあまり歩けない様子です。

f:id:yokobentaro:20150504122929j:plain

とりあえず駅前の繁華街に出て、ぐるりと周辺を見渡すと、『焼鳥日高』があるではないですか。確か、あの中華料理のチェーン店『日高屋』の立ち飲み屋バージョンだったかと……。ちょっと気になるので、さっそく入ってみましょう。

一階は立ち飲み専用で、二階にはテーブル席がある模様。立って飲むのは疲れますので、二階に上ってまずは生ビール(三百十円)で乾杯します。ドリンクのお値段は、『日高屋』と同じのようですね。では、おつまみを。片っ端からいってしまいましょう。生キャベツ・ポテトサラダ・冷奴・鶏の唐揚に、串もの(各二本)は、つくね・かわ・特製スタミナ焼きを一気に注文、狭いテーブルが大変なことになりました(汗)。

f:id:yokobentaro:20150504122958j:plain

f:id:yokobentaro:20150504123016j:plain

これを食べながらさらにハイボールを追加、これは一杯二百七十円、安心して飲めますよね。つまみも追加でイカ揚げに焼きそば、あっ、もつ煮込みは写真撮りませんでした。というか撮り忘れていて、気がついたのは食べたあとでした(汗)。

f:id:yokobentaro:20150504123050j:plain

おつまみの値段は一品百~二百円台の設定で、三百円を超えるお値段の料理はメニュー表には見当たりませんね。ドリンクは各二杯ずつでこのお店は〆ましたが、お勘定はふたりで三千五百七十円。コストパフォーマンスがとてもいいお店です!

たまの週末は、こういうお店で気がねなく飲んでいるのが楽しく感じます。とうとうエンジンがかかってしまった! では二軒目は御徒町あたりで探しましょうか(笑)。お話はまだまだ続きます……。

●昨日歩いた歩数……一万百六歩。辛うじて一万はキープできました。篭ってお仕事をしていたものでほとんど外出ができておりません(汗)。