涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

都営大江戸線蔵前駅近く ハンバーグの店 ベアのハンバーグ!

久々に立ち寄った『ハンバーグの店 ベア』というお店、地番は駒形二丁目になります。都営大江戸線蔵前駅のすぐ近く、国道六号線と春日通りの交差点付近、ラーメン店『むささんじん』の隣にあります。

f:id:yokobentaro:20150423103843j:plain

今回の来店時間は午後一時半ぐらいですが、ほぼ満席状態。運よく奥まったところに一席空いておりました。「ハンバーグの店」と、堂々と店名に謳われておりましたので、どうしてもハンバーグのメニューが食べてみたく再び訪れた次第です。

店員さんからメニュー表を受け取り、ハンバーグ入りの定食を物色。単品の『ハンバーグ』定食もありますが、プラス一品がセットのメニューが豊富ですね。そこで、前回隣に座った人のお皿で美味しそうに思ったもの、そう、『ハムカツ』がセットになっているメニューをチョイス、『ハンバーグ+ハムカツ』ライスにしました。値段は八百円です。店は混雑しておりますので、少々お時間はかかりそうです。そして、十五分ほどでライスとセットで注文の品が配膳されました!

f:id:yokobentaro:20150423103917j:plain

こちらが『ハンバーグ+ハムカツ』ライス。デミグラスソースのたっぷりかかったハンバーグ、一枚分のハムカツは二等分されています。キャベツと人参の千切りに、付け合わせのナポリタンも盛られていますね。さっそくハムカツにはたっぷりとマスタードを塗って、ソースをかけていただきます!

まずはハムカツから……うん、揚げたてのフライはカラッとサクサクでとっても美味しいですね。やっぱりハムカツにはソースとマスタードがよく似合います。厚みもあって、ご飯が進むのなんのって。次にハンバーグ、通常のドミグラスソースとはちょっと違いますね。ケチャップを使っているのでしょうか、甘みがあってバーベキューソースのような味、このハンバーグの美味しさを引き立てます。このソースのレシピ、知りたい……。タネは柔らかく仕上がり、ジューシーなお肉からは、存在感のある玉葱のシャキシャキ感と香味が顏を覗かせます。

「う~ん、看板に偽り無し!」

とっても美味しいとしか言葉が思い当たりません。ここでもうひとつ、特筆したいのは付け合わせのナポリタン。食べ易く短めに切られた麺は柔らかく、ほどよい甘さのケチャップ味に、カレー粉の風味がプラスされていて、もうこれだけ鱈腹食べてみたくなる衝動に駆られます。キャベツと人参の千切りがサッパリしていていい箸休めになりますね。

で、このハンバーグとハムカツの美味しさで、ライスはすぐに食べ切ってしまいました(汗)。おかずもキレイに食べ終わって周りを見渡すと、意外に女性のお客さんが多いことに気づかされました。それだけ味に定評があるのでしょうね(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万二千三百三十歩。ちょっと数字を落としました。さあ、今日はどこに行きましょうか!