涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

上野恩賜公園 国立西洋美術館のお庭でひと休み!

JR上野駅の公園口から徒歩一分の『国立西洋美術館』。入場口を入ると、そこそこの広さの庭になっておりますが、この庭は入場料はかかりません。天気のいい日は、ここのベンチで休憩してから、あっちこっちに散策の足を伸ばします。

f:id:yokobentaro:20150416144205j:plain

この庭には、オーギュスト・ロダン作のブロンズ像が点在しており、ちょっとした美術鑑賞ができますよ。なので、たまに立ち寄ると少し得した気分になります。

f:id:yokobentaro:20150416144249j:plain

まずは、ひと際大きい彫刻が「地獄の門」。これは大作ですよね、実際に前に立つと迫力満点、圧倒されます。

f:id:yokobentaro:20150416144607j:plain

その両脇には「アダム」と「エヴァ」の像が配置されております。

f:id:yokobentaro:20150416144641j:plain

さらに、反対側に対峙するのが「カレーの市民」という作品。

f:id:yokobentaro:20150416144709j:plain

その近くには、かの有名な「考える人」が、深刻な面持ちで肩肘をつき鎮座じております。この作品を見ると、どうしてもNHKの放送終了直前の映像を思い出してしまうのは、僕だけでしょうか……。

f:id:yokobentaro:20150416144841j:plain

他にはエミール=アントワーヌ・ブールデル作の「弓をひくヘラクレス」という作品も展示されています。ギリシャ神話に登場する英雄がモチーフですね。

ちなみに常設展の大人の入場料は四百三十円ほどかかります。時間の余裕があるときに、久々に入場してみようかな……。

あっ、この美術館内のレストラン『CAFE すいれん』は、べつに美術展に入場しなくても利用できるようです。カレーメニューがあるようでしたら、一度食べてみたいですね(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万二千三百十五歩。歩数を入れるの忘れるところでした(汗)。今日はダミヤンの家(亀戸)まで猫を見に出かけてきますが、帰りは徒歩にしようと思います(笑)。