涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草伝法院通り 大黒家の茶色の天丼!

浅草は伝法院通り付近のお店が続いてしまいますが、ご勘弁を(汗)。

実は、ちょっとお仕事が立て込んでいて近場での食事が続いており、この辺で手っ取り早く済ませております。この日は雷門通りからオレンジ通りに入り、『浅草公会堂』を右折してすぐの『大黒家天麩羅』へ行ってきました!

f:id:yokobentaro:20150410114558j:plain

f:id:yokobentaro:20150410114622j:plain

『浅草公会堂』の前には有名人の手形がいっぱいありますね。その正面には『伝法院』の重厚な門構えが。でも、本日は開門しておりません……。

f:id:yokobentaro:20150410114826j:plain

作業のきりが悪く、ここに着いたのはもう午後の四時。お昼時には常に数人が外で並んでいるのですが、この時間はさすがに誰もいません。でも中に入ると、一階の席はそこそこ埋まっています。ちょうど二人がけのテーブル席が空いていましたので、座ってメニューを……えっと、天丼は……いちばん安いのにしましょう!

それでもお値段は少し張りますが、海老天が一尾、鱚天が一枚、かき揚げが一枚、獅子唐天がひとつ乗って千五百五十円。ちなみに海老天が四本の天丼は千九百五十円、これは何かのお祝いの時にでも食べることにしましょう(汗)。

このお店、老舗にありがちな、注文してからかなり待たされるパターンかと思ったら、十分と待たずに注文の品が運ばれてまいりました!

f:id:yokobentaro:20150410114853j:plain

上蓋から、海老の尻尾が覗いていますね。では、ご開帳~~~!!

f:id:yokobentaro:20150410114917j:plain

かなり茶色っぽいビジュアルの天丼ですね。それでは天麩羅から……天汁で茶色の天麩羅、さぞかし塩辛いと思いますよね。ところが、控え目な甘辛さのサッパリとした味で、油もしつこくありません。胡麻油の風味も強すぎず、とても美味しいですね。

かき揚げは、小海老がたくさん使われていて、プリプリした食感と、甘辛ダレをたっぷり吸った衣とのコラボ、ご飯が進みます。鱚天もとても柔らか、食材の風味もよくこれも堪りません。海老天は、けっこう大きいですよ。こちらの食感もさらにプリプリで、海老のうま味が口いっぱいに広がり、新鮮な海老を使用しているのがよくわかります。

箸休めのお漬け物には、キャベツにタクアンと紅生姜。サッパリしたひと皿がさらに天麩羅の魅力を引き立てて、完食までまっしぐら!

ふと、目の前の席を見ると欧米からのオシャレな観光客が、ポツンと座って天丼を頬張っていましたが、古い昭和チックな店内とのギャップが可笑しくて、ついついジッと見していたら、ジロリと睨まれました(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万四千百五十三歩。知人とスカイツリー近辺やソラマチの中を観光していましたが、それほど歩いてはおりません(笑)。