涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草伝法院通り ら麺亭のランチセットがお得!

これはランチタイム限定のセットのようですが、あまりの安さにビックリしました!

このお店、田原町からは六分ほどの距離にあります。雷門通りからすしや通りに入り直進、左手に『松竹演芸場』が見えましたら、右折します。そして少し歩いたあたりから伝法院通りになり、通りのすぐ右手にそのお店はあります。

f:id:yokobentaro:20150409111022j:plain

お店の名前は『ら麺亭』、住所は台東区浅草一丁目三十九番地九号になります。

f:id:yokobentaro:20150409111048j:plain

入口の外に券売機がありまして、けっこう迷います。お土産で以前貰った『焼売』がとても美味しかったので、これの付くセットにしようかと思いましたがチンプンカンプン、手っ取り早く目についたボタンをポチっと押しました。そのメニューは『半チャンらーめんセット』、ランチのみのメニューのようです。

そのセットのお代、なんと五百円! これって安過ぎません?

でも、まだ現物を目にしてないので評価はできません。で、さっそく入店してみました。店内はカウンター席のみ、鰻の寝床のようです。椅子は十席ちょっとって感じですね。すでに満杯かと思ったら、いちばん奥の席が空いておりました。さっそく食券を厨房の方に手渡すと、その方がラーメンを、奥にいる人が中華鍋でチャーハンをと、分業で作りだしました。その手際の良さったら……数分で熱々ラーメンと出来たて半チャーハンが配膳台に置かれました。そのお品がコチラ!

f:id:yokobentaro:20150409111148j:plain

f:id:yokobentaro:20150409111218j:plain

ラーメンのスープは、見た目「中華そば」のような透明感で、麺は細目の緩いウェーブがかかっています。トッピングはシンプルに、叉焼にメンマ、ほうれん草と焼き海苔に刻み葱。半チャーハンはご飯茶碗に軽~く一杯という分量ですか。具は刻み叉焼に葱、ご飯と一緒に炒りつけられた卵。シンプルかつ王道の一皿という印象です。

では、まずはラーメンのスープを……昔懐かしい中華そばの味がします。じっくりと丁寧に煮出された動物系ガラの出汁が、中細麺によく搦んでいて美味しい。メンマの少し濃いめの甘辛の味付け、脂身が少なく少し硬めの叉焼も懐かしく思えます。これを食べているとついついノスタルジックな気分に浸ってしまいますね。

チャーハンは、やはり出来たてでパラパラに仕上がっておりました! 卵がご飯粒にまんべんなく搦んでいて、塩分は控え目。その分叉焼の美味さが引き立っています。これ、単純にお替わりの食券を販売してくれないかと思います。

気がつけばいつものようにスープも一滴も残さず完食。あっ、表でまた行列ができ始めたので退散いたしましょう。

外に出て『らーめん(中)』の単価をチェックしたら三百八十円でしたので、やはりセットで『半チャーハン』を付けるのが断然お得。さらには味のクオリティーの高さにも驚かされました。これでは次から次へと行列ができるのも納得いきます。

●昨日歩いた歩数……二万千六百九十一歩。亀戸からスカイツリーを経由して仕事場まで戻りました。本日も知人の案内をするので、スカイツリー出かけてきます(笑)。