涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

本所吾妻橋 もつ焼 稲垣で宴会の第二ラウンド!

四月四日の『隅田公園』のお花見、寒さにメゲて短時間で退散いたしました。

それでもまだまだ、参加メンバーは飲み足りません。そこで、この辺で僕がイチオシのもつ焼のお店に河岸を変えることに。そのお店の屋号は『もつ焼 稲垣』、都営浅草線の本所吾妻橋駅から徒歩二、三分。浅草通りを浅草方面に進み、『スーパーあおいし』の角を左折してすぐ、住所は墨田区東駒形三丁目二十五番地四号になります。

f:id:yokobentaro:20150407103614j:plain

お店に到着したのはまだ午後六時前、空いていればいいのですが……。で、入口から店内を見渡すと、お店の中はけっこうな混雑で、奥の間へ通されました。で、奥の店内は空いていますね。テーブル席もありますが、奥に小上がり座敷があるのでそこに座ることにしましょう。

f:id:yokobentaro:20150407103642j:plain

お通しは『ワラビとさつま揚げの煮物』でした。飲み物は『カチ割りワイン 赤』にしましょうか、ワインたっぷりで四百円です。それでは、それぞれ好きなつまみをガンガン頼んで……もう何を注文したかがこの時点で定かでなくなりました。

f:id:yokobentaro:20150407103711j:plain

もうおわかりかと思いますが、案の定蛸ブツ部長は『蛸ブツ』を頼んでおりました。ひとつ注文の品が運ばれてくると、次々に皿が配膳されて、あっという間にもつ焼のオンパレード!

写真のもつ焼は、『手羽焼(二本ずつ)』『うずら(三本ずつ)』以外は一皿四本単位ですが、とにかくひと串のボリュームが大きいので、頼み過ぎるとちょっと大変なことになります。もつ焼は四本で五百円、かなりリーズナブルですよ。

f:id:yokobentaro:20150407103828j:plain

f:id:yokobentaro:20150407103849j:plain

さらに『ぎんなん揚げ』『サラダ』など、野菜類もちゃんと食べましょうね。あっ、「焼け石に水」なんて声が聞こえてきそうですが……。

f:id:yokobentaro:20150407103907j:plain

ここまでで『カチ割りワイン』を友人が三杯も飲んでおります。けっこう回るのでちょっと心配ですが……。ここで大半を食べきり、追加オーダーをしようと……『稲グラタン』って何でしょう。なんか、みんな注文していますね(基本マカロニ入りのグラタンです。とても美味い!)。

f:id:yokobentaro:20150407103930j:plain

続いて、『エシャレット』に『揚げニンニク』、『軟骨のカレー揚げ』に『煮込み』も頼んでしまえ!

f:id:yokobentaro:20150407104015j:plain

f:id:yokobentaro:20150407104026j:plain

さすがに頼み過ぎでしょう、でもすべて平らげましたよ。結局、ひとり四杯平均で飲み物を頼み、お勘定を〆てみますと、合計一万六千円を少し切りました。ひとり分に換算すると四千円弱、かなり酔っ払えて満腹状態になれます。

『もつ焼 稲垣』、とても良いお店だと再認識いたしました。

●昨日歩いた歩数……一万三千七百六十七歩。横ばいから少し増えるも、まだまだです(汗)。