涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

神田神保町 パンチマハルのキーマめん

久しぶりに『パンチマハル』へ行く機会ができましたので、非常に楽しみです。この日は、一緒にお仕事をしておりますデザイナーさんにちょっとしたご相談があり、打ち合わせがてらの食事と相成りました。彼も『パンチマハル』の大ファンで、お店の前で待ち合わせという流れ、さて本日は何を注文しましょうか。

f:id:yokobentaro:20150402100700j:plain

今回の道筋は、東京メトロ銀座線の神田駅から行ってみようと思います。神田須田町の交差点から靖国通りを九段方面にひたすら真っ直ぐに。途中に『顏のYシャツ』なんてお店もあってそこそこ楽しめるルートですね。ところでこのトレードマークの看板、『たま』ってバンドのCDジャケットに使われていたような……。

f:id:yokobentaro:20150402100742j:plain

で、『三省堂書店』まで出ましたら、向かいにある『マクドナルド』を前に見て右側の道、錦華通りを水道橋方面へ。

f:id:yokobentaro:20150402100807j:plain

途中の小学校の桜、満開で綺麗ですね。この小学校、かの有名な『夏目漱石』先生が在籍されていたようです。さらに進みますと、『川兵衛』という博多ラーメン屋さんがありますので、その隣になります。

f:id:yokobentaro:20150402100835j:plain

僕とデザイナーさんの到着はほぼ同時、店内を覗くとちょうどふたり分の空席がありました。席に着いたタイミングで、店員さんが水を運んでくるとひと言……。

「すみませんが、ライスが終わりましたので、麺類のメニューのみになります」

と、告げていきました。それでは、麺類から食事を選びましょう。そこでデザイナーさんはすかさず『ラッシー』をセットにして『キーマめん』の二辛を注文、僕も便乗いたしました。注文してすぐに『ラッシー』は提供されます。この『ラッシー』、セット価格で何と一杯百二十円なのですよ、それに濃さが他店とは比較にならないほどです。ストローを吸うのにけっこう力がいりますね、ちょうど『マックシェーク』を飲むぐらいに!

f:id:yokobentaro:20150402100921j:plain

濃厚な『ラッシー』を堪能しておりますと、待望の『キーマめん』が運ばれてまいりました!

f:id:yokobentaro:20150402100950j:plain

赤いスープカレーという感じですか、スパイスのいい香りが立ちこめています。そのスープの中には白い麺に挽肉がいっぱい搦んでいますね。その上にはトマト・水菜・枝豆の野菜類がトッピングされていて、とても美味しそうです。それではまずはスープから……二辛でもけっこうきます、汗が噴き出してきました。スープは挽肉や野菜のエキスが充分に溶け込んでいて濃厚、少しココナッツの風味が感じられ、トマトの酸味もまた食欲をそそります。麺はベトナムのフォーでしょうか、少し硬めのプツプツした食感が堪りません。凝縮された挽肉のうま味も搦んで、もう箸が止まらなくなります。スープも一滴たりとも残したくなく、食べ終わった食器はピカピカに綺麗になっておりました(汗)。

今回はじめて麺のメニューを食べてみましたが、これもとっても美味しかったので、次回からは選択肢のひとつに加えたいと思います。ちなみに『ラッシー』をセットにしても合計千円、飲み物をセットでつけたほうがお得ですよ(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万三千九百六十八歩。花見でお酒を飲んでいた割にはそこそこ稼げました!