涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅東口 居酒屋 大樹で〆飲み!

『立ちのみや まと屋別館』でいつものように時間を気にせず飲んでおりますと、本当に時間が経ちすぎておりました(汗)。大将は提灯と縄暖簾を、手下の蛸ブツ部長は電飾看板をと、手際よく分担して片付けだし、女将はテーブルを拭いて閉店の準備。僕はといえば慌てて残りのウーロンハイを飲み干すしか能がありません。そして無事に店のシャッターを降ろし、帰途に着こうとしたところ……。

「せっかくの金曜日だし、軽く飲んでいかない?」

と、女将からのありがたい提案、四人で軽く飲むことにしました。

f:id:yokobentaro:20150326135726j:plain

選んだお店は『居酒屋 大樹』、JR浅草橋駅東口から徒歩二分。江戸通りと並行した一本裏の通りに『銀杏岡八幡神社』がありまして、その少し先に位置します。

もう午後十一時にもかかわらず、お客さんがけっこう入っていますね。このお店のお刺身は鮮度がよくて美味しいと評判なので、一度入ってみたいと思っていました。

席に着くと、『山芋と獅子唐の煮物』がお通しで並べられます。大将はビールの中瓶、他三名は角ハイボールを注文し、まずは乾杯!

f:id:yokobentaro:20150326135748j:plain

おつまみは『お刺身五点盛り』と『ポテトフライ』、『串焼き五点盛り』も頼みましょうか。お料理が運ばれるまではお通しでハイボールを。山芋のシャキシャキ感がいいですね。味付けも上品で美味、これはお酒が進みます。ふと、みんなのジョッキを見るともう飲み干していますね、すでに僕のも空っぽ。では同じものをみんなでお替わり!

あれ? 蛸ブツ部長が珍しく『蛸ブツ』を頼まないですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20150326135804j:plain

f:id:yokobentaro:20150326135825j:plain

そのタイミングで注文の品が続々と配膳されました。では、まずお刺身を……確かに美味い。この五点の組み合わせはお品書きから選べます。この日は来店したのが遅いので、売り切れが続出し白身魚が中心になるも、どれも脂がのっています。串焼きもやはり脂がのっていて、今回は塩でオーダーしましたが、焼き目の香ばしさが塩味にマッチして美味しい。結局、午前零時の閉店時間まで計三杯ずつ飲んでいました。大将は瓶ビール二本もいってますね。お勘定は〆て八千八百円、このクオリティの高さでひとり二千二百円は安いかと思います。

それでは解散! 女将と蛸ブツ部長は終電に間に合いそうです。僕は、大将と徒歩で帰ります。実は、僕の実家と彼の家はすぐ近くなのでした(笑)。

結局、時間も時間なので僕は自宅に泊まることにしました。そして、ベッドに入ろうと思い、布団の中を覗くと……何か顏のようなものが!

f:id:yokobentaro:20150326135842j:plain

近くに寄ってよく見ると、猫のミーさんが先客で就寝しておりました(笑)。

f:id:yokobentaro:20150326135901j:plain

●昨日歩いた歩数……一万四千六百三十六歩。少し歩数を落としてしまいました(汗)。