涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅東口 きらく蕎麦小川

このお店、かなり前から飲み仲間の「ガテン系のタツ」と入店を試みるも、遅い時間は満席で入ることが叶いません。そんな折り、専門学校時代からの古い友人「ダミヤン」から夕方の飲みのお誘い。「浅草橋近辺でどう?」とのことなので、ここぞとばかり、件のお店に早い時間に押しかけてみましょうか!

f:id:yokobentaro:20150316151521j:plain

お店の屋号は『きらく蕎麦小川』、場所はJR浅草橋駅東口を背に右側へ十秒ほど歩いたあたり、『さゝや』というフルーツ店の隣になります。『串揚げ』が美味いと、以前「ガテン系のタツ」に聞いておりましたので、本日は揚げ物三昧。午後七時半に「ダミヤン」と落ち合い、いざ入店。すると、この時間はまだ先客は二名ほど。店内はすべてカウンター席で、Z型のカウンターに十数席の丸イスが並んでいます。

さっそく席に着くと、小鉢のお通し(タダです!)と紙お手拭きが女将さんから手渡されます。

f:id:yokobentaro:20150316151546j:plain

その小鉢は蕎麦を油で揚げたもの、軽く塩が振られていてカリカリ。では、これに合わせてまずは生ビール……と、値段は何と三百円(以下表示は税別)! ほとんどの飲み物がこの価格なので、かなりリーズナブルかと。壁面に掛けられているホワイトボードのお品書きもずいぶんとお安いですね。

f:id:yokobentaro:20150316151601j:plain

では、ホワイトボードより『ポテトサラダ(二百円)』『鶏の唐揚げ(三百円)』『カニクリームコロッケ(三百円)』を注文し、串揚げメニューをふたりで物色。単品は一本百円なのですが、『A』『B』『Cセット』はそれぞれ六本入りで五百円。これはお得ですが迷います。

f:id:yokobentaro:20150316151635j:plain

f:id:yokobentaro:20150316151705j:plain

f:id:yokobentaro:20150316151717j:plain

迷っていると次々に先の注文分が届きます。揚げ物はどれも熱々で本当に美味しいですね。『ポテトサラダ』も盛りがいいので嬉しくなります。で、串揚げは僕が『Bセット』、「ダミヤン」は『Cセット』(複雑……メニューを参照お願いします)を注文。そして、大きな陶器の器に入ったウスターソースとともに串揚げが運ばれてきました!

f:id:yokobentaro:20150316151750j:plain

f:id:yokobentaro:20150316151816j:plain

とにかく一本のボリュームが大きいですね。左から、海老・いか・うずらの卵・玉ねぎ・なす・しいたけになります。揚げたてのサクサクな衣にタップリとウスターソースを浸して、いただきます!

f:id:yokobentaro:20150316151854j:plain

あっ、熱すぎてまた口の中をヤケドしてしまいました。そこで、二杯目はヤケドの冷却もかねてウーロンハイを注文し、合わせて食べ進みます。どの串も甘辛いウスターソースをたっぷり含ませてもサクサクな食感を残し美味いですね。これだけ飲み食いしてお腹が苦しくなった頃にはもうカウンターはほぼ満席。

そろそろ、河岸を変えようかとお勘定を〆ていただいたところ、お値段三千二百四十円(税込み)。ふたりでこの金額はそうとうにリーズナブルなお店と、感動いたしました(喜)。

「ダミヤン」のニックネームは、映画『オーメン』の「ダミアン」からではなく、何となく「マカダミヤンナッツ」に似ていたので付けてしまいました(汗)……。

f:id:yokobentaro:20150318184613j:plainゴーメンね……。

●昨日歩いた歩数……二万三百七十九歩。目標クリアです。また水道橋から歩きました!