涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

神田末広町 かつ丼屋 末広町店のロースかつ定食

日曜日の悪天候のループ、やっとのこと抜け出せましたね。何週間ぶりに雨の攻撃を免れて、本日は曇りとはいえ、そこそこの行楽日和です。まぁ、雨の中の散歩も風情があって、たまにはいいものですがね。

そんな先週の雨上がり、『湯島天満宮』から秋葉原方面に足を向けてみました。もう時間は午後の四時、うっかりお昼ご飯を食べ忘れておりましたので、それではと、蔵前橋通りと中央通りの交差点付近にある『らんぷ亭』に行ってみましょう。東京メトロ末広町駅からすぐ、『マクドナルド』の隣になります。

f:id:yokobentaro:20150312105024j:plain

ところが……なぜか、看板の色が黄色になってまして、よく見ると『かつ丼屋 末広町』と書かれています。どうも『らんぷ亭』は撤退してしまったようですね。せっかくなのでこのお店で食事を摂りましょう。

f:id:yokobentaro:20150312105111j:plain

表にメニューが貼られていて、『かつ丼』はもとより大好物の『かつカレー』も何種かありますね。特に『ロースかつ丼カレー』というのが気になります。揚げ物メニューも盛り合わせを含め数種類、ここは『ロースかつ丼カレー』といきたいところですが、日頃の不摂生を反省し、バランスよく定食に。結局『厚切りロースかつ定食』七百三十四円(税込み)を注文することに決めました。

f:id:yokobentaro:20150312105209j:plain

店内はほぼ『らんぷ亭』の頃のまま。空いているテーブル席がいくつもありますが、「お一人様」なのでちょっと遠慮、カウンター席に腰かけ注文を入れます。カウンターの上には「とんかつソース」と「マイルド野菜ソース」、一味唐辛子が並んでおりました。こちらのお店も注文が入ってからの調理ですので、配膳されるまで十分ほどの待ち時間。

f:id:yokobentaro:20150312105231j:plain

そして、こちらが運ばれてきた『厚切りロースかつ定食』。ご飯と味噌汁に大根のお新香、メインの皿にはロースかつに二色のキャベツの千切りがのります。カツの厚さは一センチ越え、ひと切れのみ断面を見せているところが面白いですね。お肉の厚さがアピールされていて、美味しそう!

それではカラシをカツに塗って、さらに「とんかつソース」を。キャベツには試しに「マイルド野菜ソース」をかけてみました。さっそくカツから。サックサクで程よい脂身の量、甘みがあってとっても美味しいですね。お肉の部分もちょうどよい揚りで肉汁がジューシーです。「マイルド野菜ソース」をかけたキャベツを食べてみると、今まで味わったことがない変わったソース。かなり甘めで香辛料も独特、ソースで作ったドレッシングとでもいいましょうか、これはこれでなかなか良いと思います。

汁物もバランスよく。で、この椀、味噌汁かと思ったら豚汁でした。具は大根、人参、牛蒡の笹がき、蒟蒻と、主役の豚小間。いい出汁が味噌と相まってとても美味しく、身体も温まります。すべて同時に食べ終わるようにと気をつけていましたが、ご飯が思いのほか進んでしまい、すぐに飯椀は空っぽ。百六十二円(税込み)で白飯も追加できますが、腹八分目を心の中で念じてガマンし、キレイに完食!

ああっ、定食もいいのですが、この次は少し体重を落として『ロースかつ丼カレー』という異色メニューを食べたいですね……。

●昨日歩いた歩数……二万五十歩、ギリギリ目標達成です。