涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

デリー 銀座店のドライカレー

クライアントの「フネさん」と、この日は久しぶりに有楽町に出かけております。その目的は、単に『ドライカレー』が食べたくなったもので。

その所在地は銀座六丁目、コリドー通りからすぐの辺り。コリドー通りのはじまりから新橋方面に進んでひとつ目の角を左に折れますと、『ドトールコーヒー』の看板が見えますので、その隣のビルの三階になります。

f:id:yokobentaro:20150307132744j:plain

店内にはエスニック調の絵画や置物がディスプレイされていて、いい雰囲気ですよ。

f:id:yokobentaro:20150307132821j:plain

さっそくメニューをチェック、あれ? ドライカレーが一種類しかない??

しばらく来ない間に少し内容が変化しておりました。僕のお薦めは『ストロングドライカレー』だったのですが、現在は『ドライカレー』のみの表示、それもセットのメニューになっておりました。ただ、辛口とマイルドの選択肢がありますので、それではと僕は辛口で大盛りに、「フネさん」は辛口の普通盛り。料金は普通盛りで千二百六十円、大盛りが千四百七十円。この二百十円の差がご覧の通り、空腹時には大盛り(右)がお薦めです!

f:id:yokobentaro:20150307132844j:plain

注文してから、まずは二つの金属製の容器が運ばれてきます。これは「きゅうりのピクルス」と、「生たまねぎと大根をレッドペッパーであえたもの」が入っております。そして『トマトスープ』、『ドライカレー』の順に運ばれてまいります。

f:id:yokobentaro:20150307132907j:plain

f:id:yokobentaro:20150307133103j:plain

それでは、『ドライカレー』に二種類の薬味を添えて、いただきます!

f:id:yokobentaro:20150307133130j:plain

こっ、これは! 懐かしの『ストロングドライカレー』でした(嬉)。辛口とマイルドに表記が変わっていただけなのですね。前はストロングは百円増しでしたが、今は同一料金になっているようです。エビ・人参・マッシュルーム・グリーンピース・レーズンに細かく刻んだスパイスの効いたお肉、それにライスにまんべんなく搦んだ、少し甘みを感じさせる濃い味つけの濃厚ドライカレーのルーが絶品。ここまで来て良かったと思わせてくれるひと皿、スパイスのパンチが効いて額に汗が……身体が温まります。じわじわと辛さがやってきますよー。

味覚が辛くなってきたところで『トマトスープ』をひと口、塩気と酸味のバランスのよいスープ、具は玉葱にマッシュルーム、刻んだ分葱も散らされていますね。このスープはじめてですが、病み付きになること必至です。

大盛りの『ドライカレー』、十年ほど前はこれを平らげてもまだお腹がいっぱいにはならなかったのですが、あらためて食べてみると、けっこうな量があったのですね(汗)。美味しいので無心に食べ進んでいたのですが、完食後にはお腹がキツくなっておりました。

f:id:yokobentaro:20150307133216j:plain

食後には『ミルクシャーベット』が運ばれてきました。辛いものの後には、アイスクリームではなく、この『ミルクシャーベット』がベストマッチかと。スライスアーモンドののったシャリシャリしたひと皿、口に残った辛さがみるみる緩和されてきます。ココナッツミルクも使われているのでしょうか、夏が待ち遠しくなる風味ですね。

まだ会社勤めだった頃は、このお店の隣が職場だったもので頻繁に来れましたが、今はちょっと疎遠気味。これを機会に月に一度ぐらいは来店しようと思いました(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万二千七十七歩。前日よりは少し増えました!