涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋 ろく月のらーめん

このお店、前から気にはなっていたのですが、大きな通りに面していないのでいざ食べに出かけると迷います(汗)。位置的にはJR浅草橋駅の東口と西口の中間あたりになると思うのですが、日も暮れるとライトが明るいので比較的見つけやすいかと。

f:id:yokobentaro:20150304115628j:plain

そのお店の屋号は『ろく月』。住所を調べると、浅草橋二丁目四番地五号となっています。何となくのうろ覚えで申し訳ありませんが、地図を作ってみました。間違っていましたらすみません!

f:id:yokobentaro:20150307131054j:plain

この日は金曜日のアルコール解禁日、週末は飲んでもいいことにしております。時間はもう午後の八時、空腹で飲むのは良くないと思い、このお店に立ち寄った次第です。入口を入ると、正面に券売機がありますので、まずはメニューのチェック。トッピングもいろいろ充実しておりますね。まずは基本の『らーめん』を食べてみましょう、お値段は六百八十円也。

店内にはL字のカウンターで数席、時間も時間なのですぐに座れました。さっそく店員の方に食券を渡して卓上を物色、「白ゴマ」と「コショウ」、それに小瓶に入った「かけ柚子胡椒」がありますね、これは初めて見ました。後ほど使ってみたいと思います。そして待つこと数分ほどで『らーめん』は運ばれてきました!

f:id:yokobentaro:20150304115903j:plain

そのお品がこちら、上品な感じの豚骨らーめんでとても美味しそう。トッピングは細切り木耳に刻み青葱、綺麗な円形に整形されたバラ肉の叉焼と、器に貼り付いているのは焼き海苔。パッと見たとき丼の模様かと思ってしまいました(汗)。

まずはスープをいただきます。ものすごく濃厚で、まるで豚骨のポタージュのようです。甘くはなく、すっきりとした塩気とコクに青葱の香味が相まってとても美味しい。麺は細ストレート麺、この濃厚なスープがよく搦みます。それに加えてたっぷりのった細切り木耳のコリコリした食感がたまりません。

さらに特筆すべきは、この丸い叉焼。モチモチのお肉の食感にトロける脂身の食感がプラスされ、タレがその円周にしっかりとした味をつけています。このタレに使われているほんのり香るアジア系の香辛料、いったい何が使われているのでしょう、とてもいいアクセントとなっています。

半分ほど食べ進んだタイミングで、先ほど気になっていた「かけ柚子胡椒」を振り入れてみます。とてもいい香りが立ちこめ、麺には辛さと塩気が少し加わり、一気に和風テイストが増します。そのとき、ふと隣のお客さんが店主の方に、何やらオーダーをしています。そして、「はい、『特製替え玉』です。はじめはそのまま食べてみてください」と替え玉がひと皿、瓶に入った調味料が二種類供されていました。どうも替え玉に味がついているようです。その場で現金を支払えば供されるようで、お値段は百五十円。本日はこれから飲みますのでお腹は控えめに、次回に注文してみましょう。

こちらをすべて平らげる頃には、次から次へとお客さんが来店、入口付近の待ち合い席で待機しています。名残惜しくも一気に完食、早々に店を後にします。

すると、店主の方がひと言声をかけてくれました。

「お気をつけてお帰りください!」

とても感じのいいお店、これからは頻繁に食べに来てしまいそうです(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万七千五百三十二歩。ちょっと目標までは届きませんでした。