涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅西口 野郎ラーメン

JR水道橋駅方面から電車での帰り浅草橋駅で下車しますと、千葉行きのホーム内のお菓子の自販機の隣に何やら妙な自販機が……。ウインドウの中を覗いてみると、『コップのフチ子』やら『パン』やら『日本の動物』などのフィギュアが飾られております。いわゆる箱ガチャってやつ……本当にあるんですね、こんなの初めて見ました。

f:id:yokobentaro:20150224134217j:plain

でもあいにく、欲しいフィギュアがありませんし、どれも三百円もしています。でもちょっと、どんなふうに出てくるのかは興味がありますね(笑)。

f:id:yokobentaro:20150224134244j:plain

とりあえず西口から出て改札を背に左側を見ますと、正面に『野郎ラーメン』という大きな看板が目に止まりました。そういえば、最近この名前のお店、よく街中で見かけますね。ちょっと気になりましたので、店外に出されているメニュー看板を見てみますと、何やらラーメン丼の上に野菜やお肉のお山ができている写真ばかり。お昼もだいぶ回ってしまっているので空腹状態、何とか食べきれるかと思って入店してみました。

f:id:yokobentaro:20150224134318j:plain

f:id:yokobentaro:20150224134345j:plain

入口を入ってすぐ左側に券売機、僕のちょっと苦手な画面タッチ系でした(汗)。ここは初めての入店でしたので、いちばん基本の『野郎ラーメン』を食べることに。麺は「極太平打ち麺」と「中太ちぢれ麺」の二種類がありましたので、「中太ちぢれ麺」を選択、お値段は七百三十円でした……このボリュームで? 安いかも!!

店内はコの字型の縦長なカウンター席のみ、おそらく二十席ぐらいありそうです。時間はもう午後一時半ぐらい、席はまばらです。とりえず店員さんに食券を渡してカウンター上をチェック、調味料が五種類ほど置いてあります。

f:id:yokobentaro:20150224134438j:plain

「味を濃くするパンチ汁」「一味」「ブラックペッパー」「カレー粉」「ラーメン野郎酢(だったような名前)」と、少し離れた場所に「天かす」のようなものの入ったポリ容器、中身は何でしょう?

卓上を物色すること七、八分ほどで目の前に届いたお品がこちら! 残さず食べられるかちょっと心配になるようなビジュアルですね。

f:id:yokobentaro:20150224134512j:plain

モヤシと刻んだキャベツの山に大ぶりな叉焼が一枚貼りつけられ、その周りには背脂が多めに浮いております。では、先ほど気になっていたポリ容器のものをひと匙のせて、いただきます!

あっ、「天かす」ではなくみじん切りの生にんにくでした(汗)。でもこの背脂のスープにとても合いますね。そのスープのお味は少し甘めの醤油味、動物系出汁はしっかりと出ているも、クドさはなくサラリとした感じでとても美味。麺は少し硬めに茹でてあり、黄色く歯ごたえのある麺、とても好みです。でも、茹で野菜がのっているのでなかなか温度が下がりませんので、猫舌にはきついですね(汗)。

茹で野菜には、ちょっとパンチを利かせようと「ブラックペッパー」と「味を濃くするパンチ汁」を振りかけて食べると美味、どんどん食べられてしまいますね。叉焼は、醤油ダレで濃いめの味付け、これもいい感じです。

結局あの山盛りラーメン、食べきれるのか不安でしたが、具がほとんど野菜でしたので完食、スープまで飲み干せました。ここのいろいろな種類のラーメン、興味湧きました。では次回は何を食べてみましょうか。

●昨日歩いた歩数……二万五千八百八十二歩、目標久々に達成できました!