涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

上野恩賜公園 国立科学博物館のカレー

いい天気の祝日は、子供に人気のスポットなどはどこも混雑して大変ですよね。とくに小さい子供を引率する親御さんたち、お疲れ様です。

その子供に人気のスポットのひとつに『国立科学博物館』も入っているのでしょう、谷根千散策の途中に入場してみますと、えらい混雑しておりました(汗)。『ヒカリ展』という特別展が開催されていますので、こちら目当ての方も大勢いらっしゃるようです。

f:id:yokobentaro:20150215133618j:plain

f:id:yokobentaro:20150215133630j:plain

で、本日の目的は『国立科学博物館』のレストランでカレーを食べること、もう時間は午後二時を回っているので、食事はさほど待たずにありつけるかと思いきや……。

入館料の六百二十円を支払い、さっそく地球館の中二階にある『ミュージアムレストラン・ムーセイオン』に入ろうと向かってみたのですが、入口付近に親子連れが十数組も待っています。やはり祝日、二十五分ほどの待ち時間の表示。でも、せっかく来ましたので一応メモに名前と人数を書き込み、上の階の展示物を軽く覗き見しに行きました。ちょうど良い時間を見計らって戻ったつもりなのですが、まだ前に数組、結局トータル三十分の待ち時間となりました(汗)。

f:id:yokobentaro:20150215133653j:plain

やっとこさ名前が呼ばれ、席に通されました。同時に手渡されたメニューをチェックしますと、『健康ポークカレー』五百四十円と『ミートソースと半熟玉子の巣ごもりスパゲッティー』五百二十円のふた品が気になり、迷います。でも、どちらも二百五十グラムの量ですので少なめ、両方注文することにしました。考えると、子供でも食べられる分量のメニューにしてあるのですよね。カレーは大人の方には大盛りがお薦めだそうです(ウエイターさん談)。

f:id:yokobentaro:20150215133711j:plain

注文してから食事が運ばれるまでの所要時間は五分ほど、混雑の緩和の手際が良いのでしょう。同時にふた品が供されました!

f:id:yokobentaro:20150215133730j:plain

『健康ポークカレー』は見た目も昭和の黄色っぽいカレーって感じがいいですね。ミートソースと半熟玉子の巣ごもりスパゲッティー』は、鳥の巣に卵があるのをイメージしているようです。ではさっそくカレーから。うん、味も昭和の食堂のカレーといった懐かしい味。具は人参、玉ねぎ、豚バラ肉のスライス、この博物館がキレイに改装される前に入っていた食堂の味に近いです。小麦粉とカレー粉を煎ってルーを作っているのでしょう、久しぶりに食べるととても美味しい。

f:id:yokobentaro:20150215133752j:plain

スパゲッティーには粉チーズ多めにタバスコは少々。このミートソースの甘さがたまりませんね、麺の茹で具合もちょうどいい感じ、とても好きな味と食感です。半熟玉子は最後のお楽しみにとっておき、まったりとシメて完食しました。

f:id:yokobentaro:20150215133912j:plain

では、せっかく入館しましたので、展示物を閉館間際まで見学していきましょうか。恐竜の骨、デカッ!!

先日に載せましたお絵描きの続きになりますが、ちょっとヒマな時間に描いてみたものの、やっぱり顏がマンガになってしまいましたー(汗)。

f:id:yokobentaro:20150219144751j:plain

●昨日歩いた歩数……一万千八百七十八歩。横ばいスパイラルに陥っております(汗)。