涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋 かつやのかつ丼(梅)

そういえば、先週はバレンタインデーがありましたね。それにちなんでなのでしょうか、『東京スカイツリー』が綺麗に着飾っておりました。この配色は、最近よく見かけるようになったような気がします。

f:id:yokobentaro:20150217165224j:plain

で、本日はチョコレート……とはまったく無縁の『カツ丼』のお話です(笑)。

チェーン店の『かつや』って、最近至るところで見かけるようになりました。店内を覗くとどこの店舗もけっこうお客さんが入っていますね、う~ん、気になります。この近辺ですと、JR浅草橋駅の東口出口から信号を渡ってすぐの場所に『かつや』の店舗がありますので、一度入ってみることにしました。

f:id:yokobentaro:20150214095020j:plain

このお店はカウンター席のみですが、十数席ほどはありそうです。さっそく席に着き、卓上のメニューをチェック。『ロースカツ定食』や『カツカレー』、『海鮮カツ丼』など種類が思ったよりも豊富です。それではと、表の看板に写真入りで告知されているメニュー、『カツ丼』を注文してみます。

サイズは「竹」と「梅」がありますが、この「竹」と「梅」の違いは、トンカツのグラム数の違いのようですね。でも本日の運動量と相談して、並サイズの「梅」五百二十九円(税込み)にしました。

f:id:yokobentaro:20150214095239j:plain

カツは注文を受けてから調理しているようですので、少々お時間はかかります。その間、カウンターの上にあるものをチェックしてみましょう。トンカツソースに小分けされた練りカラシ、サラダ用のドレッシングに壺。

♫さあ、この壺の中身は何でしょう♪

蓋を開けると角材のように四角く刻まれた大根のお漬け物でした~。

f:id:yokobentaro:20150214095405j:plain

そんなことをしていますこと十二、三分で目の前に『カツ丼(梅)』が運ばれてきました! お値段は安めかと思いますが、仕上がりは本格的、かなり美味しそうですね。見た目、火を通し過ぎていない感じの卵とじ、上に添えられた三つ葉のグリーンが鮮やか、カツも厚さ一センチぐらいありそうです。

さっそくカツから、見た目通り柔らかい卵とじに、まだサクッとするカツの食感。味付けは甘めでカツの脂身もほどほどにのっていてとても美味です。ご飯にも充分に甘めのタレが絡まっていて箸が止まらなくなります。しんなりとした玉ねぎの香味も良いアクセントになっていますね。

途中の箸休めに、先ほどチェックした大根のお漬け物を丼にのせてサクサクッといただきます。甘みと酸味とピリ辛のバランスがとてもいいですね、美味しいのでちょっと使い過ぎました。

ゆっくりと食べていたつもりでしたが、調理の時間よりも食べている時間のほうが短かかったようです。『かつや』恐るべし、とても美味くてお得なお店でした(笑)。

次の来店時は『カツカレー』にしようかな? ここのお店、会計時に有効期限つきの百円割引券が貰えるんですよ。百円分の値段の差はけっこう大きいですよね。

●昨日歩いた歩数……一万千五百五歩。雨に加えて寒さが厳しかったですね(汗)。