涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

らあめん花月嵐 嵐げんこつらあめんMONSTER

とりあえず、連続投稿の百日目を迎えました。いつも読んでくださってありがとうございます。何となく涅槃に到着しているような気もいたしますが、今後とも何卒宜しくお願いいたします!

それとはまったく関係のないお話で恐縮です。またまた浅草橋へ飲みにいった深夜の帰宅途中のこと。『らあめん花月嵐』の前を通りましたところ、店舗前ののぼり旗四本の色が青っぽい色に変わっておりました。

また新商品の告知かと確認すると、『嵐げんこつらあめんMONSTER』と書いてありました。MONSTER、すごいネーミングですね。ちょっとお腹も空いてきましたし、寄っていくことにしました。

f:id:yokobentaro:20150212115551j:plain

f:id:yokobentaro:20150212115610j:plain

いつものように入口右側の券売機で食券を購入、七百四十円でした。席に着き、食券を店員さんに渡しますと数分で注文の品が運ばれてきますが、次から次へ新商品が出るなか、その対応をして調理されている方の手際はすごいと感嘆いたします。

f:id:yokobentaro:20150212115629j:plain

で、こちらが『嵐げんこつらあめんMONSTER』となりますが、見た目も背脂たっぷり、コッテリした感じのビジュアルですね、とても美味しそうです!

これは味噌ラーメンなんですね。太麺の上にはかなりの量のモヤシとキャベツ、生にんにくのスライスしたものと刻み葱がのり、さらには丸く成形された豚バラ叉焼が二枚添えられています。黒コショウがすでに振りかけられ、スパイスのとても良い香りがします。

それではスープをさっそくひと口、味噌の美味しさと背脂のコッテリ感がとても合い、生にんにくの辛味がさらに良い刺激を与えています。太麺は比較的ストレートな感じでモチモチな仕上がり、そこにモヤシとキャベツの甘みとシャキシャキ感が相まってとても食べ応えがあります。味噌の甘みと塩気が食欲をどんどん煽っていきますね、気がつくともう半分食べてしまいました。

ここでひとつ、忘れていけないものを思い出しました。いつものように『激辛壺ニラ』という辛味のきいたニラを多めに投入!

辛さが足されたことによってさらに増す食欲、麺と野菜をすべて平らげた後に、スープの熱で柔らかくトロけた叉焼を堪能し完食。背脂コッテリに大満足です!

食べ終わってから、店の外の告知を読み返して知ったのですが、この商品、五年と半年前に発売されていたラーメンの復刻版だったのですね、失礼いたしました。

で、このブログに載せるラーメンの写真を僕の周囲の知人たちに見せたのですが、一同、口を揃えてこう言っておりました。

「夜中にこれ食っちゃぁ、ダメでしょう!」

以後、反省してヘビーそうなメニューは昼間に食べにいくことにいたします(笑)。

●昨日歩いた歩数……一万三千九百六十歩。前日よりは少し伸びるも、まだまだですね。