涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区寿町 中華居酒屋 餃子房 興隆の黒酢酢豚定食

なんか、たまにはコテコテの中華料理って食べたくなりますよね。

そこで、お昼時に「近所の印刷屋の社長」さんのお薦めのお店に寄ることにしてみました。そのお店の屋号は『中華居酒屋 餃子房 興隆』、表にいろいろなメニューの手書き広告を出しております。

f:id:yokobentaro:20150207173815j:plain

「揚げものランチ全品六百八十円」が気になるところですが、とりあえず入ってみましょう。場所は、毎度毎回使い回している地図で申し訳ありませんが、位置を落とし込んでみました(汗)。

f:id:yokobentaro:20150207173840j:plain

ちょっと遅めの時間に入店しましたので、お客さんは四名ほどでした。テーブルに案内されますと、卓上におすすめメニューが。トンカツとかの「揚げものランチ」も美味しそうでしたが、やはりここは中華料理の定食を選択。大好物の『黒酢酢豚定食』六百八十円にいたしました。

f:id:yokobentaro:20150207173932j:plain

もう空いている時間帯ですので、注文して比較的早くに運ばれましたお膳がこちら!

お膳には、黒酢酢豚にサラダ、ご飯と玉子スープにザーサイ、デザートの杏仁豆腐がのっております。ボリュームの割にお値段が安い、という印象です。

では、さっそく黒酢酢豚から。本当に黒い仕上がり、揚げ肉と玉ねぎに人参、ピーマンと、素材は一般的ですね。黒酢は酸味が強めで、甘さもほどよくコクがあります。この黒酢ダレに揚げ肉が搦み、脂身の部分もサッパリといただけます。玉ねぎにはシャキシャキ感があり、人参とピーマンにはよく火が通っていて柔らかい仕上がり、絶品です。

サラダはキャベツの千切り、レタス、人参の細切り、スライスされた胡瓜、水菜にサッパリ味のドレッシングがかけられています。黒酢酢豚のようなコッテリ濃いめの味にちょうど良いサラダですね。ザーサイも良い箸休め、塩辛さとピリ辛さが口の中をサッパリさせてくれます。ビールがほしくなりますね、これ。

玉子スープは薄味に仕上げられているので、濃いめの味の酢豚といっしょにいただくと、ちょうどよく感じます。スープのトロ味と玉子のフワフワ感が楽しめて美味ですね。最後にデザートの杏仁豆腐、クコの実が入っていて控えめな甘さ。

全体的にバランスの整った美味しい定食、今日もキレイに何も残さず完食!

ところでここの定食、ご飯のお替わりは二回まで無料だそうですが、けっこう盛りがいいもので、僕としては珍しくお替わりはやめておきました。さらにランチタイムは、セルフサービスのホットコーヒーがサービスで提供されています。せっかくなので、少し濃いめのコーヒーを飲み干し、仕事場へと戻りました。

この『中華居酒屋 餃子房 興隆』、夕刻から二千八百八十円で食べ飲み放題のメニューがあるようですね。次は「近所の印刷屋の社長」さんを誘って、ここで大食いの勝負をしてみたいと思います(笑)。

●昨日歩いた歩数……二万二百五十七歩。何とか大台にのせられました!