涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

東京スカイツリー近く 麺屋 社中の濃厚鶏そば

月末にはアパートの家賃を不動産屋さんに納めにいきます。いまだ口座引落しではないんですよ(泣)。場所は都営地下鉄本所吾妻橋駅の近く、浅草通り沿いにあります。その不動産屋さんまでは、田原町の仕事場から徒歩十五分ほどの距離、支払いを済ませましたら、せっかくなので『東京スカイツリー』まで足を伸ばしてみますか。

f:id:yokobentaro:20150129111533j:plain

駒形橋を渡って不動産屋さんへ行く途中のスカイツリー、まだ少し遠くに見えますね。

f:id:yokobentaro:20150129111602j:plain

支払いを済ませて、十分ほど歩くと、だいぶ近づいてきました。あれ、『ソラマチ』の入口近くに『横浜家系ラーメン 壱角家』ができていました。帰りに寄ってみましょうか、でもせっかくなので他のお店も探してみましょう。

f:id:yokobentaro:20150129111940j:plain

ここから『ソラマチ』に入れますが、エスカレーターが混んでいる模様、下の歩道を歩くことにしましょう。

f:id:yokobentaro:20150129112006j:plain

もうスカイツリーの真下に来ました。この辺も大変混雑しております。カフェやレストランも入店待ちの行列ができているようです。

この辺まで来ると、スカイツリーの写真は見上げないと撮れませんね。では、この辺で食事でもして仕事場に戻ることにしましょうか。

f:id:yokobentaro:20150129112037j:plain

ふと、大通りに出るとちょうどラーメンの写真入り広告が目に入りました。そのラーメン屋さんは浅草通り沿いにある『麺屋 社中』。上を見上げるとちょうどスカイツリーが正面に見える辺りです。

f:id:yokobentaro:20150129112101j:plain

店の外にはいろいろメニューの写真入り広告がありますが、その広告でいちばん大きく告知している商品の『鶏そば』。『濃厚鶏そば』は八百十円で『あっさり鶏そば』は七百十円、どちらもオススメなんでしょうね。少し迷いましたが、やっぱり濃厚なほうにいってしまいました。ここのお店、券売機は表にあります。

食券を買い、カウンター席に腰かけます。店内は空いていますね。無理に『ソラマチ』で食事を、と並ばないで正解でした。待つこと五分ほどで供されたラーメンがこちら。

f:id:yokobentaro:20150129112213j:plain

鶏団子がふたつに鶏肉叉焼が数切れ、白髪葱と刻み青葱とメンマの上に、糸のように細く刻まれた赤唐辛子がトッピングされています。

麺は細目のストレート、スープは見た目ポタージュスープのように見えます。鶏を骨まで煮溶かしてとったスープ、そのお味は……ものすごく濃厚でトロ味があります。塩スープでしょうか、とてもシンプルな味つけですが、鶏の甘みとうま味が最大限に引き出されているという印象で、とても美味い。まさに鶏のポタージュスープ。

店内の貼紙には「ラー油少々、柚胡椒少々入れるべし!」と書かれていますが、このスープには柚胡椒の風味を加えるだけのほうが、僕は合うような気がします。

鶏団子、これはお肉のミンチに軟骨が加えられていてコリコリとした食感がたまりません。鶏肉叉焼も美味。これはご飯のおかずにも最適、とてもよい味付けですね、ご飯頼めばよかった……。結局スープも残さずきれいに完食!

なんか、『ソラマチ』での食事もいいのですが、ちょっとコースを外れるとまだまだ隠れた名店があるのだな、と感じました。

●昨日歩いた歩数……二万九百六十六歩。目標達成できました!

そういえば、昨日『佐竹商店街』を歩いていましたら、ものすごく寒そうな顏をした大きな方が前方から自転車で走ってきました。よく見ると、相撲界の「ロボコップ」と呼ばれていた人でした(笑)。